韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」

そら豆 不動の最高 No.1 韓国ドラマ

 演出 キム・ウォンソク 「ミセン-未生-」「シグナル」
 脚本 キム・テヒ
 原作 チョン・ウングォル「成均館儒生たちの日々」「太陽を抱く月

f:id:kandsoramame:20190821203835j:plain

出典 https://reviewandreview.tistory.com

 

トキメキ☆成均館スキャンダル (全20話)

★★★★★★★ 星7つ 満点

韓国放送 2010年 KBS
韓国語表記  성균관 스캔들[ソンギュングァンスケンドゥル]
※2019/08/21 記事加筆修正しました
 

スポンサーリンク

 

 

あらすじ

朝鮮王朝 正祖の時代。
没落した両班の女性キム・ユニ(パク・ミニョン)が、
借金返済の為、病床の弟キム・ユンシクの名を騙り
男装をして、代筆の仕事をこなしていた。

弟の薬代がかさみ、ユニは借金の形に身を売られそうになると、
借金返済の為、仕方なく試験の代筆をする仕事
巨擘(カンニング業)の仕事を請け負い
試験会場へ男装のまま入り込む。
 
老論派を率いる左議政の1人息子イ・ソンジュン(パク・ユチョン)は、
家柄良く、眉目秀麗、才色兼備な優等生だが、
ユニが人違いでソンジュンにカンニングの手引きをしてしまう。
 
真面目なソンジュンはユニを諌めるが摘発はせず試験に臨む。
ユニはそんなソンジュンの背後に回り、
衣に彼を侮辱する長文を書き上げる。
 
それを見たソンジュンは、怒りが湧き上がるが、
その文才と書体を見て才能に心酔。
ユニを男と思い込み、女人禁制の「成均館」に入学出来るように尽力する。
 
王様までユニの文才を知り、
王様の命令でユニは男装のまま成均館に入学するハメに。

しかも、優等生ソンジュンと、
成均館一の野生馬と呼ばれる荒々しいコロが寮で同室に。
男装がバレないように男性達と寝食を共にするユニには
命懸けの学舎生活が始まる。
 

感想

【学問とは何か】を追究するテーマが主軸で、

決して軽いストーリーでははありません(邦題が軽すぎ)。

でも、恋愛要素が満載で(o´艸`) 重くもないんです。

その辺りのさじ加減も絶妙だと思いました。

ハラハラドキドキな展開に20話一気観、途中で止められず朝の4時まで視聴してしまった。

私はこれで韓ドラに嵌まりました。

 

キャスト

花の四人衆がそれぞれ魅力的!

下の画像左から

①パク・ユチョン

本名イ・ソンジュン/ニックネーム:カラン (佳郎)=最高の花婿

派閥:老論

誰もが認める優等生の上に、家柄最高のため花婿候補No.1。

最初は堅物だったけど、だんだん人間味のある若者に。

 

②パク・ミニョン

本名:キム・ユンシク(ユニ)/ニックネーム:テムル(大物)=チョソンを虜にした大物

派閥:南人

パク・ミニョンが美青年に!?

妓生姿があまりにも眩しくて、男装とのギャップには

イ・ソンジュンでなくても惚れます。

女性のユニがキム・ユンシクとして男性宿舎に住むことになる。

 

③ソン・ジュンギ

本名ク・ヨンハ/ニックネームヨリム(女林)=女性が群がる

派閥:無し 

ソン・ジュンギ、演技が目に焼き付くくらい上手い!!

ファッションが斬新なのに超似合う ((〃゚艸゚)すきー♪

一見チャラ男ですが、彼の「クヨンハだ~」で

大方の問題は解決してしまうという実力の持ち主。

 

④ユ・アイン

本名:ムン・ジェシン/ニックネーム: 桀鰲[コロ]=暴れ馬

派閥:少論

私が一番嵌まったのがこの方。

一見野性的で乱暴に見えるが、実は情熱を内に秘めた文筆家。

女性の気配でシャックリが止まらなくなる硬派で純情な一面も。



この4人は、それぞれ派閥も違う為
蕩平(タンピョン)組
※蕩平策 =党派間の勢力均衡の為、公平な官吏登用を目指した政策

と呼ばれました。

f:id:kandsoramame:20190821210912j:plain

 
チョソン(キム・ミンソ)
凜とした表情が美しくて、女性ながら見惚れました。
妖艶なチョソンのテーマソングが奏でられる中、
チョソンが美しい流し目で登場。
恋するキム・ユンシク(ユニ)にも媚びない。
衣装の色彩黒や赤が、彼女の崇高さを増していました。
 

OSTと原作小説

youtu.be

どこまでも完璧な神ドラマでOSTまでも最高!

私はこのドラマ3回リピ視聴後、JYJ の歌に心酔してOST購入。
映像が一場面一場面写真にして飾りたいくらい綺麗でDVD購入。
原作小説もあるの?購入。
そら豆はケチな女なんだけど、嵌まると見境なくなる傾向あり。
 
原作小説「成均館儒生たちの日々」上・下  
チョン・ウングォル(著)  佐島顕子(訳)

成均館儒生たちの日々 (上)

成均館儒生たちの日々 (下)
 
この続き、
「奎章閣(キュジャンガク)閣臣 たちの日々」上・下 
(著・訳は上と同じ)もあります。
ドラマはこの4冊のミックス版。
 
更に、続(中国)編が出版される予定なんですが、
2019/08/21 記事加筆修正している今もまだ出版されていません。
 
小説は買って良かったです、最高でした。
長編なのに全4冊を5回読み返しました。
ちょっと高価ですが、それだけの価値があるしオススメです(現在中古1円)。
小説の内容は、ラブラインがドラマよりリアル。
ソンジュンはドラマ以上に品行方正で完璧男。
ユニは背が高くてやはり美形、
ドラマのコロはワイルド且つ繊細でしたが、小説はもっと野性的。
ヨリムにはすでに奥さんがいるし、トック爺という使いが笑えます。
ヨリムに関しては爆笑シーンが満載。
ユニは出会った瞬間からソンジュンのことが好きで、
男装のジレンマが切ないです。
 
私は韓国ドラマにハマる前は読書好きで小説は相当読んできましたが、
これは「十二国記」の小野不由美 主上に匹敵するくらいのハイレベルな作品です。
 
私は「 トキメキ ☆成均館スキャンダル」を超えるドラマ作品に出会える日がくるのでしょうか?
 
超える作品に出会いたいけど、怖いな。
今の年齢で朝の4時までドラマ観てたらゾンビになりそう(^^;)
 
 

関連記事

なんか似てます… 

www.kd-sora.com

 

原作チョン・ウングォル作家作品 

www.kd-sora.com

 

スポンサーリンク