韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓ドラと源氏物語の共通点

スポンサーリンク

 

日本が誇る古来の名作!
『美男美女がゾロゾロ出てくる、ラブ満載キラキラストーリー』(またかっ)
と言えば、「源氏物語」ですが。

f:id:kandsoramame:20191016220448j:plain

『源氏物語ってちょっと韓ドラちっく?』と仰る方が職場にいて。

私もストーリーを思い出し・・・。

うん?うーん...。うーーーん!ホンマや(°∀°)と思い至りました。

 

【源氏物語】の主人公、

天皇の皇子である光源氏は、美しいマザコン男。

幼い頃亡くした母の片鱗がある女性を、

片っ端から自分のテリトリーに入れていきます。

 

遂には9歳!の少女を自分好みの女性に育て上げ、嫁にするという(←紫の上)。

今なら揶揄されても仕方ないことまで。

彼は大臣としてこの世の栄華を極めました。

でも、女性遍歴を重ねた割に、

最後まで心が満たされることはなかったように思います。

 

【源氏物語】ストーリーは表向き華やかですが。

裏では・・・光源氏を巡る女性達のプライド、嫉妬や復讐が渦巻き、その美女達の末路

も幸福だったとは思えません。

(美女達より醜女達の方が幸せになっていたりして・・・)

紫式部は、文中で

《諸行無常》
(この世にある一切のものは常に移り変わり、不変のものはないということ)

をテーマとして訴えているように感じました。

しかし、韓ドラチックなのはこの光源氏ではありません。

ここまで読ませといてっ何だ何だ!

と怒らないでくださいね。

【源氏物語】は、光源氏が崩御し完結。

 

ここからは、続・源氏物語とも言える、

題名【宇治十帖】となります。

韓ドラチックなのは、光源氏の息子・薫(かおる)と、

孫・匂(におうの)宮です。

薫は、光源氏と、今上帝の妹である女三宮の息子。

匂宮は、今上帝と、光源氏の娘(明石の中宮)の皇子。

つまり、二人は従兄弟同士。二人ともサラブレッド。

しかし、本当は薫は光源氏の実の息子ではありません。

光源氏の正妻・女三宮の不義(浮気)の子。

光源氏は、薫が実子でないことを出産後に知る。

過去に光源氏も、父帝の正室である藤壺との間に

不義の皇子をもうけていましたから。

~因果応報だよね~~。

 

そんな因縁を背負う薫は、自分の“出生の秘密"に苦しむ、

少し影のある煮え切らない美青年に成長。

反して匂宮は、目標が今は亡き祖父、光源氏。

理想の女性を探し求めて浮き名を流す美皇子。

そんな二人が、浮舟という女性を取り合う。

 

浮舟は、楽器のたしなみもない田舎育ちの可憐で素直な姫。

なんだか、韓ドラにありそうな設定です。

・出生の秘密

・お金持ちの美男子2人

・ヒロインは普通の女子

・三角関係

ちなみに二人に愛されて、どちらも選べずに困り果てた浮舟は、

入水(未遂)→出家。

薫がそれを知ってどうなる?てとこで『完』。

韓国ドラマにも時々ある、“開かれた結末“みたいな終わり方だし。

「宮 ~Love in Palace~」、「相続者たち」、「花より男子」みたいな

貧乏女子が王子様二人から愛される設定だし。

「男が愛するとき」の二人の素敵男子に愛され、翻弄されるヒロイン(ミド)と、

浮舟の立場同じだし。

  韓ドラやん

 

こういう設定が、日本では平安時代から好まれていたとは。

紫式部の意に反して、

《常住不滅 》
 (常に変わらず、永遠に滅びないこと)

を実証しちゃった【源氏物語】ってことか。

 

 スポンサーリンク