韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

中国ドラマ「蘭陵王」

 1話目から面白くて、ワクワクしながら視聴
・・・しかし、途中から
「これは(^∇^)!王家の紋章やーん」と爆笑しました

f:id:kandsoramame:20190825223923j:plain

出典 destinationchina.blog.fc2.com

 

 蘭陵王[ランリョウオウ] (全46話)

★★★★☆☆☆ 星4つ

中国・台湾放送 2013年8月~

中国語表記 兰陵王

 

スポンサーリンク

 

 

 

あらすじ

魏晋[ギシ]南北朝時代末期・戦乱の中、巫族の末裔が隠れすむ白山村。

巫女(天女)の祖母と楊雪舞[ヨウセツブ](アリエル・リン)は

そこで、仲間と共に平和に暮らしていた。

祖母の林氏[リンシ]は、天女の血を受け継ぐ孫の雪舞と、

斉[セイ]の蘭陵王[ランリョウオウ]との不吉な未来を予言。

10数年後雪舞は祖母の予言通り、運命の男性蘭陵王と巡り会う。

爆発物の研究に余念がない雪舞は、村では型破りな存在。

しかし、蘭陵王は会ってすぐに彼女が優しく聡明で博識な女性だと見抜く。

 蘭陵王/高長恭 (ウィリアム・フォン) 第四皇子(スイエ)は、

その美貌を、敵に侮られないよう、味方が見惚れないよう
戦闘では軍神面をつけていた。

雪舞は、その面を村に置き忘れて去った彼を追うことに。
途中で、韓暁冬[カンキョウトウ]に騙され闇娼館に売られる。
そこへ蘭陵王がやってきて再会、救出される。
 
その後、彼から敵陣攻撃の作戦に協力するように頼まれる。

感想

これは、西暦560年前後の斉&周のお話です(大昔ねー)。
いや、本当に良いドラマなんですよ。
雪舞も健気で可憐だし、ストーリーも面白いです。

ただ、最初にも書きましたが、
「いやいやいや、これはキャロルやろ~」
と突っ込まずにはいられない前半部分。
私には、雪舞がキャロルの二番煎じに見え魅力半減でした。

「王家の紋章」とは、細川智栄子さん原作の現在59巻まで出版されている、
有名な日本を代表する少女漫画です(まだ連載中)。
主人公キャロルが古代エジプトへタイムスリップし、
ナイルの娘・女神と呼ばれ(金髪=黄金だからね)、
エジプトのファラオ(王様)と激しい恋に落ちる話。

何が?どこが?と言われると、たくさんありまして。
類似点をざっくり列挙してみますと。

☆注意☆
↓↓前半のネタバレあり↓↓

「蘭陵王」から見る「王家の紋章」との類似点↓

・【伝説】「天女を得た者が天下を得る」
・雪舞が(闇娼館の)牢から、コテの原理を利用し脱出をはかる方法とその後
・雪舞が、村の汚水を手製の地層でろ過し、飲料水を清水に変えて疫病の人々を救う
・雪舞が天女と呼ばれる
・雪舞が火樹銀花を使用し爆発→脱出
・雪舞を 蘭陵王と宇文邕が野獣から助ける
・雪舞が寝所で毒を飲む
・蘭陵王と宇文邕が雪舞を奪い合う
・雪舞が未来を予言する

これを、
天女  ⇒ ナイルの女神
雪舞  ⇒ キャロル
蘭陵王 ⇒ メンフィス(ファラオ)
宇文邕 ⇒ イズミル王子
天下  ⇒ エジプト
火樹銀花⇒ 石油

に置き換えるだけで、全て
「王家の紋章」ネタになります。
(コレ10年前に読んだ記憶だけ。まだあるかも?)

蘭陵王と同じく、メンフィスも美女のような容貌だし。
このドラマを、「王家の紋章」夢の実写版だと思えれば面白いのですが。

しかし、美女と見紛うはずの蘭陵王が、
「美女?そうか~?」と思うくらい、ゴツくて逞しい役者で
(桃太郎侍に見えた)。どっから見ても美女には見えん!

 

これがチ・チャンウクだったら ※奇皇后記事参照

どんなに素敵だったかしら!と終始妄想しないといけなくて、

私は忙しかったです (何やってんだか)。


史実にも蘭陵王の美貌美声が書かれているらしく、

演じる方もプレッシャーだったかも?

最後まで楽しく視聴しましたが、

いろいろ引っ掛かり、

本当に面白いのかなー?

と疑問を持ち始めた頃、宇文邕[ウブンヨウ](ダニエル・チャン) が

登場し、一気に面白くなりました!!視聴が進む進む♪
この方、唐沢寿明さんって中国デビューしたの?
と疑ったくらいのソックリさんです(これも視聴の妨げでしたが)。

f:id:kandsoramame:20190825225512j:plain

出典 http://www.chinadaily.com.
女性の扱いが不慣れな蘭陵王に比べ、
宇文邕は雪舞を心から愛し大切に扱ってくれます。
(超美人な愛妻がいるけどね)
宇文邕のシーンはどこを切り取っても面白いと思います。
この方が主役のドラマがあれば観てみたいです。
 

ところで、1話目で「宮廷女官  若曦」の九爺ハン・ドン発見。
序盤で、雪舞の祖母が未来を語る黒マントの周の武将・楊堅[ヨウケン]役。

彼は、このドラマ終了後(隋)の歴史上重要人物で、
中国全土を統一する皇帝となります。
楊堅は、「蘭陵王」ではチョイ役。
中国なら誰でも知っている史実みたいで、
ドラマで彼に関しての説明は何もありません。
楊堅のドラマはないのかな?
中国の歴史は面白いですねー。

それと、
安徳王/高延宗 (ジョージ・フー)=第五皇子=五弟と、
韓曉冬[カンキョウトウ]彼は、唯一普通の髪型で私のオアシスでした。
この2人が素敵なキャラでしたよ。
 
高緯( 皇太子)が器の小さい皇子で。
私は苦手でした
また、彼の奥さんも苦手でした(彼の低い格に見合った愚妻)。
この2人のシーンでは、視聴が止まる始末。
演技は良いけど、キャラが受け入れられなかったです。

私は、主力男性陣に誰一人として堕ちなかったです。
特に声質が良いと思う方もいないし。
(中国語音声日本語字幕視聴だから生声で観たのに)


つまり、なんやかんやで
気が散って集中できなーいーよーっ
というドラマでしたわ。
o@(・_・)@o

私は邪念が多いから、素直に楽しめなかったのよね。
ファンの方々、ごめんなさい。
ネットでは評判が良いドラマなのにね。

「王家の紋章」を読んだことない方や、主要メンバーが好みに合えば、
かなり楽しめると思います。
 
ところで、中国ドラマの不自然なCGに関しましては、
沢山の方が散々ブログ等で書いていらっしゃいます。
私は、中国ドラマの特徴の一つとして捉えようと思いまして。
そこは、そっとしておきます。
 
スポンサーリンク