韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

台湾ドラマ「君には絶対恋してない!」

韓ドラそら豆を名乗りつつ台湾ドラマです。

 

金曜日の夜、『次は何を観ようかな~』なんてdTVを物色していて。

何げにこのドラマの1話目を観たら、日曜日の夜には全話観終わってました。

つまり、3日間で視聴終了ヽ(・∀・)ノ

可愛い爽やかなラブコメで、ほっこりする良いドラマでしたのでご紹介♪

 

f:id:kandsoramame:20190824145829j:plain

出典 https://zh.wikipedia.org/wiki/就想賴著妳

 

「君には絶対恋してない!~Down with love」(全28話)

★★★★★★☆ 星6つ

台湾放送 2010年1月~5月

中国語表記 就想賴著妳

※2019/08/24 記事加筆修正しました

 

スポンサーリンク 

 

あらすじ

父母がいないヤン・グオ(エラ・チェン)は、

親の借金返済の為に必死で働く明るく純真な23歳の女の子。

姉のヤン・ドオ(シャオシェン)は、法律事務所で働く25歳。

無駄遣いが大嫌い、貯金が趣味、恋人がお金という性格。

 

姉ヤン・ドオが勤める法律事務所の所長

シャン・ユーピン(ジェリー・イェン)は、

交通事故で他界した兄嫁が残した2人の幼子を引き取り育てていた。

その幼子達(姉弟)が手強く、家政婦の引き受け手がいない。

困った弁護士のユーピンは、

秘書であるヤン・ドオに家政婦を探すように命じる。

 

ドオはお金の為に、自分の妹グオを家政婦に推薦。

『美男のユーピンを好きにならない人』が、

家政婦の条件なので(過去の家政婦のほとんどが彼を口説こうとする)、

グオは同性愛者だと偽って、ユーピンの家で働くことに。

幼子達は、最初想像以上にグオを困らせるのだが・・・。

 

感想

台湾トップスターのジェリー&エラ、夢の共演!ってことですが、

ヤン・グオ役のエラは、見た感じはごくごく平凡な女の子。

最初、このヒロインに嵌れず。星4つだな~なんて思いながらの視聴。

でも、観ている内にいつの間にか、

華流マジックにかかり(◎o◎) エラの味方になり(?)

⇒エラが可愛く見えてきて(!?)

 

ヤン・グオをいじめる人は許せない!

ヤン・グオを幸せに出来る男じゃなきゃダメよ~!

となってきて!?

気付いた時には自分でも何これ!?ってくらい嵌っていました。

 

そしたら、あら不思議。

終盤、私の中で星が2つも追加され★4→★6に。

 

エラは、冴えない女の子を演じているだけで、

実際は美しい女優さんらしいです。普段は別人!

嵌ったのは彼女だけじゃなくって、

イケメン弁護士役のシャン・ユーピン(ジェリー・イェン)が、もう!

最高に可愛いツンデレで、悶絶ものでした。ウワ━(。・ω・)ァァ━・゚・←私

後半で惚れちゃいまいした(ツンデレに弱いの)。 

 

お友達役のチー・クージュン(マイケル・チャン)もまた魅力的。
EXILE一族みたいにヒゲが格好良い~。(*´∀`*)ノ。+゜*。←私
前半で惚れました(ヒゲにも弱いの)。
 
大スター、ディン・ホイファン(チェン・ズーハン)は、
透明感のある美女で。 性格はちょっと。。。アレですが。
この4人の四角関係が、どうなるの?って気になって。

気になって気になって、結局一周しちゃったんですよねー。

♀ → ♂ 

↑   ↓ 

♂ ← ♀

こんな感じで皆がグルグル平行線。

この関係はだんだん変わっていくのですが、

全員の心の変化が納得いく形で、分かり易く丁寧に描かれています。

 

主役の美男子ジェリー・イェンって、見たことあるな~と思ったら、

台湾ドラマ「流星花園~花より男子」の道明寺役でした。

これは韓ドラに嵌る前に、レンタルで視聴済み(ケチなのに)。

彼、ちょっと木村拓哉に似ていないですか?

端正な美男子で、もう惚れ惚れしました(≧▽≦)

道明寺役も良かったけど、こっちの方が可愛かったですよ~。

 

f:id:kandsoramame:20190824152428j:plain

出典 https://foolishasiandramalife.blogspot.com

 

ヤン・グオの家族や友達も楽しくて(コメディ担当)

男装女子でなくて、グオが同性愛者だと偽るのも面白かったです。
 

このドラマは、ラブコメ好きな方にオススメです。

 

台湾ドラマについて

ところで、ご覧になったことのない方の為に、

台湾ドラマの特徴を説明します。

内容は、日本人の感性に近いように思います。

だから、心情がほぼ納得できるし、皆が優しいんですよね。

ストーリーはソフトで柔らかいのですが、

展開スピードが速く退屈しません。

女性の自立が大切にされていて、共感できます(女性をお姫様扱いしません)。

 

各国のドラマをお料理に例えてみると・・・、

・韓国ドラマはお肉料理。美味しくて病みつきになるけどクドイ時がある

・台湾ドラマはお魚料理。淡白だけど食べると美味しいし胸焼けしません

・日本ドラマはお野菜料理。ちょっともの足りないけどサッパリしています

食わず嫌いはもったいないです。

たまには違う味を試されても損はないかも?

 

ただ、台湾ドラマは全部撮り終えてから編集して放送するから、

オープニングとエンディング曲に、

じゃんじゃんネタバレ映像を流すんですよね(笑)

ドラマの良いシーンのダイジェスト映像を最初に見せられる。

だから、エンドを知りつつ視聴することに。

ドラマの最中、『あ・オープニングのシーンだ』って思うのも 華流ドラマの醍醐味なんですが。

これ、ネタバレ知らない方が面白いんじゃないの?って、私は思ったりします。

これ、オープニングとエンディングに流れる画像の一部です。

イメージ 3

『あ、こうなるのねーっ』って最初に分かっちゃうって・・・どう!?

 

スポンサーリンク