韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 感想 あらすじ 評価

SBS演技大賞12冠達成!

韓国でも絶賛された骨太時代劇

一度観たら忘れられない全キャラの魅力と、

先が気になる見事な脚本にそら豆廃人化

完璧な韓国史劇だと言っても過言ではありません!

f:id:kandsoramame:20190703221235g:plain

  出典  https://namu.moe

「六龍が飛ぶ」(全50話) 

★★★★★★★ 星7つ 満点

韓国放送  2015年10月~2016年3月 SBS

韓国語表記 육룡이 나르샤

※Yahoo!ブログ韓ドラそら豆 過去掲載記事(2017.3.26)を改稿

 

スポンサーリンク

 

 

「根の深い木」ご視聴済みの方ならネタバレなしです

チョン・ミソンさん追悼企画

あらすじ

14世紀高麗末期、国の中枢は腐敗し民は重税に疲弊していた。

そんな時代に、高麗辺境の地咸州[ハムジュ]を豊かに統治するのは、

偉大な武将イ・ソンゲ(チョン・ホジン)

ある日彼の5男、少年イ・バンウォンが父と共に上京。

そこで尊敬する父が悪徳官僚の

イ・インギョム(チェ・ジョンウォン)に屈服する場面を垣間見て、

父イ・ソンゲに失望する。

 

そんな折、成均館の官吏チョン・ドジョン(キム・ミョンミン)は、

民衆の前で悪官僚達の企みを未然に防ぎ、明との戦いを阻止。

この件でチョン・ドジョンは流刑となるが、

彼の演説に感銘を受けたイ・バンウォンは、成均館に入学する。

 

6 年後、イ・バンウォン(ユ・アイン)は、

チョン・ドジョン(キム・ミョンミン)の隠れ家で

新国「朝鮮」を興す計画を知る。

f:id:kandsoramame:20190703211616p:plain

 出典  https://www.sisain.co.kr

貧しい民の代表プニ(シン・セギョン)

武士として名を挙げたいムヒュル(ユン・ギュンサン)

プニの兄タンセ (ピョン・ヨハン)※後のイ・バンジが、

イ・ソンゲのいる咸州[ハムジュ]へ集結。

この6人が朝鮮王朝建国の礎[イシズエ]となる。

 

感想

タイトルに「六龍」とあるように、

6人がそれぞれが朝鮮建国という夢を抱き、

同じ目的地を目指す者同士必然的に出会い、

同志としてその夢を実現する群像史劇です。

 

一国を覆[クツガエ]す『革命』の原動力は大衆一人一人の意志にあり、

その中心に位置するチョン・ドジョンの情熱が他の5人を介し、

大衆にも余波のように広まる様が克明に描かれていて、面白かった!

 

登場人物達の心の傷から揺れまで、

細部までの深い丁寧な心描写が特徴的で。

それぞれの人の傷の処し方が人生となり、その人生の流れが

チョン・ドジョンという河に流れ込み、

濁流(タイトルからなら濁龍?)となって

一国を揺るがしていくというストーリーにも目が離せなかったです。

 

革命の中心人物であるチョン・ドジョン自身、深い心の傷があり。

他の5人が彼の掲げる新国に希望を見出したのは、

彼の心の傷に共鳴したのも一因ではないか?と思います。

 

6人(六龍)の内、プニ、ムヒュル、イ・バンジは架空の人物ですが、

ムヒュルとイ・バンジは続編の

「根の深い木」にも飄々と出てきて(架空のくせに)。

この2つのドラマのヒロインを女優シン・セギョンが演じているのも、

同じ制作スタッフが、前後編として

この2本に繋がりを持たせたことが伺えます。


ただ、後編であるはずの「根の深い木」が先に放送された為、

「六龍が飛ぶ」の最終ネタバレを知りつつ視聴される方がほとんど。

私は偶然上手く「六龍が飛ぶ」→「根の深い木」の順番で視聴しましたが、

視聴順でドラマの受け取り方が少し違ってくるかもしれません。

 

 史劇は善人と悪人に分かれて争うのが一般的ですが、

このドラマには、道徳で言う『善悪』という概念は無かったように思います。

人の中に善悪は混在していて、善人にも悪人にもなる可能性がある。

それだけではなく、『勝った方が歴史の勝者・善となる』

という事実から目を背けず対峙していて、終始納得するばかりでした。


「華政(ファジョン)」をのろのろと半分視聴したところで

こちらを開封したのですが、

段違いの面白さに驚きました Σ( ̄。 ̄ノ)ノ濃厚史劇!

「華政」そっちのけで「六龍」イッキ観!

タイトルから「ドラゴンボール」を(勝手に)イメージし

『6つの玉を集めるんだね』と思い込んでて、

あまり期待してなかったのに。

ファンタジーじゃないから、実際は玉も龍も出てこなかった。

こんな本格史劇に、大変失礼しました m(_ _)m


何より素晴らしいのはアクション。出てくる剣士達の強いこと。

イ・バンジ役を演じたピョン・ヨハンに激嵌まり。

もう、ピダム(善徳女王)かイ・バンジか?ってくらい強くカッコ良かった。

「未生」のハン・ソクユル役からは想像もつかない哀愁漂う剣士役。

アクションシーン、ほとんどスタントなしで演じられたそうです。

 スポンサーリンク 

 

キャスト

イ・バンウォン(ユ・アイン)

偉大な父イ・ソンゲの子息だが5男なので自由人。

崇高な志で周囲に影響を与えるが、独りよがりなところも。

師となるチョン・ドジョンと出会い、著しく成長するが・・・。

 

物語の中心人物で、子役があのナム・ダルム

ユ・アインが油断するか、実力の劣る俳優が演じていたら

物語全体が軸を失い、総崩れになっていたかも?

6龍全員の魅力が濃厚で実力派俳優達に

ユ・アインでも食われそうな時がありましたが、

画面を圧倒する存在感で主役の座を守り抜きました。

f:id:kandsoramame:20190703212227j:plain

 出典 https://www.asiae.co.kr

 

 チョン・ドジョン 三峰 (キム・ミョンミン)

儒教で成り立つ新国を夢想する、聡明なカリスマ指導者。

ただ理想を語るだけではなく実現に向けていく有言実行型。

彼の情熱に突き動かされて、六龍が飛んだんです!

悲惨な時代背景が生んだ建国の師ですね。

 

キム・ミョンミンは、

憑依されたかのようにチョン・ドジョンそのもの!

凄まじい演技力に圧倒され、

機知に富んだセリフの数々がストレートに心に届きました。

彼のカリスマ性が遺憾無く発揮されていたと思います。

 

 イ・バンジの妹プニ (シン・セギョン)

母と兄を探しながら貧しい村人達を支える気骨のある、

六龍唯一の女性。民衆の象徴。

表情が硬いシン・セギョン。プニ役が妙に合っていて、

このドラマ以降、シン・セギョンが好きになりました。

表情ではなく、切れ長の目で演技する女優ですね。

 

タンセ/イ・バンジ (ピョン・ヨハン)

臆病で貧しいタンセが初恋の女性を守れなかった自責の念で、

強くなりたいと願って・・・か~ら~の、

このドラマを観た誰もが恋する素敵なイ・バンジに成長!

そら豆が選ぶ、今年の俳優2017年best1位に!(←それが何?)

今でも私の韓ドラキャラbest5に入っちゃうな♪

 

ムヒュル (ユン・ギュンサン)

長身で力自慢だけどどこか抜けてる。

最初はお笑い担当のゆるキャラだと思っていたけど、

ちゃんと「根の深い木」のムヒュルに繋がっていきます。

ユン・ギュンサンは「ピノキオ」ダルポの兄役でブレイクしましたが、

出演作品が増える度に新たな一面を発見する今後も楽しみな俳優ですねー。

 

 イ・ソンゲ (チョン・ホジン)

イ・バンウォンは悪徳代官におもねる父に失望しましたが、

この時代に、自身が統治する村を繁栄させる手腕は

王の気質があるとチョン・ドジョンに見込まれる程。

徳のある偉大な王でした。

 

チョン・ホジンは、「いとしのソヨン」アボジ役でヘタレ父親を好演。

百戦錬磨の将軍で弓の達人、偉大な初代朝鮮王・太祖イ・ソンゲ役とか大丈夫なの?

と思っていましたが、鳥肌ものの演技でした(;'∀')

威風堂々たる将軍姿で体格も大きく見え、畏怖の念を抱く程。

韓ドラベテラン俳優、恐るべしです。

 

プニの母親 (チョン・ミソン)

後半この方が登場します。

チョン・ミソンさんの演技は常に優しさと哀愁が漂い、

あまり冷たい役をされる印象はありません。

お人柄が表情や目ににじみ出ているからでしょうか。

訃報が日本を駆け巡った6月29日、多くの人が悲鳴を上げました。

私も「えーーーΣ(゚Д゚) (´;ω;`)ウゥゥ」となり、

あちこちで画像を拝見しては涙し、

今までの訃報の中でも一番の衝撃でした。

多くの韓国ドラマに出演、見事な演技力で愛され、

私たちに多くの幸せな時間を分けてくださったチョン・ミソンさんに、

そら豆も哀悼の意を表します。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

続編とも言える「根の深い木」、こっちも良かったー!でも…

「六龍が飛ぶ」を超える史劇には多分出会えないと思います。

 dTVで今「朱蒙」を(だらだらと)観てるのですが、

『六龍が飛ぶの方が面白いな・・・』と思いながら視聴しています。

dTV「六龍が飛ぶ」も、見放題にありますよー。

 

ところで、JTBCの大型アクション時代劇「私の国」

ヤン・セジョン&ウ・ドファンがの出演が決定したそうです!

時代背景 高麗末期 ~ 朝鮮初期。

ヤン・セジョンは武士ソ・フィ役(将軍の息子)

ウ・ドファン武官ナム・ソンホ役(名家の庶子)

2019年下半期 JTBCで放送予定。

※ソース元;news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2107442

これ、時代背景といい「六龍が飛ぶ」と被りません!?

今から超楽しみなんですけどー(≧▽≦)

 

スポンサーリンク

 

 

 

 韓ドラそら豆の評価表です↓

www.kd-sora.com