韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓流・華流ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ 「愛の温度」感想 洗練されたセリフの魅力

韓ドラ 大人のラブロマンスの中でも、

今年ダントツで良かったな~と思う作品

好みで好き嫌いは分かれそうですが、私は好きです。

キャストは・・・

「また!?オ・ヘヨン」「浪漫ドクター キム・サブ」ヒロインのソ・ヒョンジン

師任堂[サイムダン]、色の日記」で何気に可愛かったヤン・セジョン
中山美穂と映画共演「蝶の眠り」、「ボイス」のキム・ジェウク


ありがちな三角関係~ですが、どこか韓ドラらしくなく。

ドラマなのに、小説を読んでいるような不思議な感覚になりました。

f:id:kandsoramame:20190816130037j:plain

出典 www.mnet.com/album/2400198

 愛の温度 (全20話)

星 ★★★★★★☆ 6つ

韓国放送   2017年9月~11月 SBS

韓国語表記 사랑의 온도

※2019/08/17 記事加筆修正しました

 

スポンサーリンク

 

 

特にネタバレはありません

あらすじ

ドラマ出演で料理の実演シーン、シェフのオン・ジョンソン(ヤン・セジョン)の撮影中、突然乱入してきた女性のせいで、現場が騒然となる。

 

その女性は、ドラマ脚本家のイ・ヒョンス(ソ・ヒョンジン)。100人もの俳優とスタッフの前で、監督に「脚本を勝手に変更しないで!」と抗議。有名監督には逆らえない・・・そんな張り詰めた空気が漂う中、シェフ役のジョンソンだけがヒョンスの味方をする。ヒョンスは、彼が5年前の初恋相手のジョンソンだと気づき驚いてその場を飛び出す。

 

今から5年前に遡る。29歳のイ・ヒョンスは、大学卒業後 大企業に勤めるが、脚本家デビューの夢を追い退職。作家先生のスタッフとして働いていた。ある日、ランニング同好会で初めて会った23歳の青年ジョンソンが突然ヒョンスに「僕たち付き合いませんか」と告白。年下男に かわれたと思ったヒョンスは、彼の告白を断る。

 

数日後、ヒョンスは脚本公募展落選。オン・ジョンソンはそんな彼女が気になり誘い、2人は近づくが・・・。ヒョンスは、投資会社オン・エンターテイメントの若手実業家、パク・ジョンウ(キム・ジェウク)を友人監督から紹介されそこで働くことになる。

 

感想

洗練された、上品な恋愛ドラマです。そして、セリフがとても多い。このドラマの日本語字幕は、なかなか読み応えがありました(もはや小説)。

 

特に、オン・ジョンソン(ヤン・セジョン)。淡々とした口調で、理路整然と相手を説得するシェフで。(シェフって無口なイメージだったんだけどね、喋る喋る)。ジョンソンの言葉のセンスと、おっとりした喋り方。同年代の人とは、斜め30度くらい角度が違うものの見方。生い立ちから培った、彼の感性と本質。そんな難しいジョンソン役を、ヤン・セジョンが完璧に理解して演じています。

 

童顔なのに目線がセクシーというアンバランス。きちんとキャラが立ち、そこにブレない演技。私は彼に魅力を感じました。

イメージ 3

出典 https://m.blog.naver.com/ksy1327/221149231600

ヒロインのイ・ヒョンス(ソ・ヒョンジン)がまた魅力的で。他人の言葉を尊重しつつ、人に流されない、媚びたりもしない。時に揺れても、芯はブレない女性。プライドは高いけど、高慢ではないんですよねー。

 

「また!? オヘヨン」のヒロインでもあるソ・ヒョンジン。庶民側にいて、誰もが感情移入してしまう数少ない女優さんです。視聴者を彼女の心情に乗せ、共感⇒同化させる技持ち。私今回も、まんまと乗せられます。

 

しかも、私たちが大量視聴している韓国ドラマ の脚本家役ですよ。ドラマ内で巻き起こる脚本家vs監督とのバトルとか、辟易しそうな内容なのに、それも興味あるから意外と面白かったです。

イメージ 2

出典 韓国サイト munhwa

 

パク・ジョンウ役を演じたキム・ジェウク。手に入れたいものは全て自分のものにする自信家。実力派完璧男、投資会社オンエンターテイメント代表。この方のことを書くと、ネタバレになってしまうのでやめておきますね。

 

チ・ホンア(チョ・ボア)

その美しい容姿で、男性からちやほやされるのが当然。ドラマ脚本家を目指す、イ・ヒョンスの友人。

 

このドラマは主役とキム・ジェウクさんが良かったです。それに演出が、繊細で凝ってた!!カメラのアングルが洒落ていて、微かに動くキャストの心の機微を、丁寧に描いてあり。2人の愛の温度が変わる時に、映像が意味深なモノクロームに。。。料理と恋愛の温度を掛けてあるタイトルも上手いっ。スープの適温、恋愛の適温。双方熱すぎても冷めていても楽しめないですもんね。

 

男女の絡む視線のやり取りや、キスシーンは

ドキドキ((〃゚艸゚)ドキドキ見ているこっちの体温が上がるってもんでした。  スタッフがベテラン揃いなのも頷けます。

 

原作「優しいスープは電話に出ない」長編小説をドラマ化

脚本家 ハ・ミョンヒドクターズ」「上流社会」

監督 ナム・ゴン「テバク」

制作 ペンエンターテインメント太陽を抱く月」「ドクターズ」「キルミーヒールミー」「サム、マイウェイ」

 

 原作が小説だったのか・・・どうりで(;´∀`)セリフガナガイ。「ドクターズ」繋がりで、パク・シネも出演していました。女優パク・シネ役で。これは嬉しかったです♪(カメオではなく、チョイ役で)。

 

音楽も良いのですが・・・いろんな韓ドラのどこかで聴いたことのある名曲が流れ。OSTではなくキャストが聴く音楽としてなんですが。

( ゚д゚)ハッこれは!・・・(._.?)なんだっけ?←ドラマまでは分からない

そこがちょっと(´・ω・`).。oOモヤモヤモヤモヤしました。


料理を( しかも超うまい )作る男性ってだけで、女性はテンション上がります。多分、優しい男性に尽くされたい願望が満たされるから。

 

私は、イ・ヒョンスだ ←さ、声に出して言ってみましょう  

 

このドラマの視聴率が「魔女の法廷」「20世紀少年少女」を抑えて1位に。って記事を見ましたが、私が最近せっせとレビュー書いたドラマばかり。偶然、同時間帯に放送していたんですねー。私は最近、良いと思ったドラマの感想しか書いてません。

 

この3本の放送が裏で重なり合ったのは勿体無かったかも?ね。

 

最後に

Yahoo!ブログ時代に、コメント欄で「このドラマをつまらないと思う人もいるだろう」と書いたら、検索「愛の温度 つまらない 」で来訪いただく方が、毎日1~2人いらして

(* ´艸`)クスクス笑ってました。

(はてなブログのアクセス解析に↑この検索フレーズの機能はありません)

 

長いセリフに耐えられるかが賛否の分かれ道?万人受けはしない、独特なドラマだと思います。

 

スポンサーリンク  


関連記事

 ヤンセジョン出演作品


www.kd-sora.com

 

 ヤン・セジョンはさて何位か!?

www.kd-sora.com

www.kd-sora.com

www.kd-sora.com