韓ドラ そら豆のブログ

韓国ドラマ ブログ / 視聴済み韓国ドラマの感想 あらすじ 評価(星7つ満点) ほぼネタバレなしでご紹介します

韓国ドラマ 「ボラ!デボラ~恋にはいつでも本気」感想 面白い! ロマコメ旋風

アマゾン プライムビデオ配信のボラデボラ

ユン・ヒョンミン × ユ・インナ × 2PM ファン・チャンソン の三角関係 「このエリアのクレイジーX」のスタッフがまたロマコメ旋風を巻きおこす

f:id:kandsoramame:20230527182001j:image

出典 ENA公式 「ボラ!デボラ~恋にはいつでも本気」

演出 イ・テゴン「恋のドキドキシェアハウス」,「検事ラプソディ」,「このエリアのクレイジーX
脚本 アギョン 「このエリアのクレイジーX

ボラ!デボラ
~恋にはいつでも本気~ (全14話)

★★★★★☆☆  星5つ

韓国放送 2023年4月〜5月  ENA

韓国語表記  보라! 데보라(見よ!デボラ)

英語表記  Bo-ra! Deborah (ボラデボラ)

視聴方法   Amazon primeビデオ

 

スポンサーリンク 

 

 

ネタバレなし

あらすじ

恋愛マスターとして活躍するインフルエンサー&恋愛本ベストセラー作家のヨン・ボラ (ユ・インナ) 。3年間交際した、大手フランチャイズ 後継者ノ・ジュワン(ファン・チャンソン)とのロマンス完結(=結婚)を予感する。 

そんなボラに図書出版シンリの代表ハン・サンジン(チュ・サンウク)は新版の依頼を企画。副代表のイ・スヒョク(ユン・ヒョンミン)は反対するが・・・。

(2023.そら豆)

 

感想   面白い!ロマコメ旋風

恋愛と結婚生活のちがいを描いた、笑えてキュンとくる明るい大人のロマンチックコメディで、面白かった! 

主演ユ・インナのリズミカルな話し方が恋愛インフルエンサーにピッタリ。デボラ役をキュートに面白く演じます。うっすらコントに笑えて ほんのり三角関係の嫉妬あり。

今までの美貌イメージを払拭し、悲惨な状況を笑い飛ばすユ・インナの決めポーズにドキドキ💓して私は眠れなかった。←(女です) 眠りのそら豆も 面白い韓ドラは寝オチしないと分かった。

ただのラブコメではなく。恋愛と結婚のちがいや努力の方向、心のキズにどう向き合うかなど。大人の私生活にグイグイ突き刺してくるのもスゴイ。

同演出&作家コンビの作品このエリアのクレイジーXも、クレイジーXは あなただけではない、という意味が込められた深いラブコメでしたが。今作もセリフに、傷ついている人は あなただけではない、というメッセージが込められています。人をなぐさめる数々の言葉がストレートに流れこむ。

今回はみんながデボラ

恥ずかしい失敗をやらかす 無茶苦茶な 女性デボラを見ていると、小さな悩みがバカバカしくなってくるかもw 人間どん底からが本番、自分を見つめ直し元気をもらえる 内観・ヒーリングドラマ。

私生活に負けて崩壊したらミジメに立ち尽くす。悲惨な状況で止まったままの人の背中を押すのは、同じ経験をした人(=デボラ)の言葉。

セリフ「他人の不幸話は人のなぐさめになる」

そんな恋愛お悩みの横で、既婚者のユジョンがくりひろげる夫婦あるある と、多様なカップル。未婚・既婚、離婚経験者などの視聴者だれもが問題点に 「そうよね~」 と 共感して楽しめる内容になっていました。

笑えて泣けるロマコメ旋風、やった面白いドラマがアマプラにキターです。

 

恋愛インフルエンサー

恋愛インフルエンサーって日本にもいるのかな? 私はほら、チャンギヨン、チャウヌ、ジュノに~パクソジュンとか毎日ながめてていい男に困たことがないから。(知らんけど)

インフルエンサーの他人に響く言葉のセンス。デボラの自信に満ちた早口には「妙に説得力がある」←これこれ。

うまく言葉を伝えられない男スヒョク(ユン・ヒョンミン)は日本人に多いタイプ。

視聴後、デボラの言葉に突き動かされて小さくて輝く高価なものを買いに行く男性たちの姿を想像しました。それくらい大衆の恋愛心理にガツンとくる。インフルエンサーの影響力すごいわ (デボラは架空の人物です)。

恋はタイミングで揺さぶられるなど未婚の方には参考になるセリフが満載。のらりくらりと交わしてないで今すぐ行動です。

 

OST

明るいドラマに明るい曲。

動画にネタバレ(キスシーン)あり、
ネタバレご注意ください!!
約3′40


www.youtube.com [보라! 데보라] OST Part 7 VIVIZ (비비지) - Make Me Love U 

こんな可愛い子が歌っていたとは。

 

キャスト

※青が演じた役者で年齢はドラマ公開当時

主要キャスト

ヨン・ボラ↓

恋愛系のインフルエンサー、恋愛コラムニスト、ベストセラー恋愛書作家

ユ・インナ 年齢40歳、身長165㎝
話す笑う泣く酔っ払う、なにしても可愛い。お肌と目がピカピカ キラキラで スタイル抜群、全身キュートのかたまり。ホントに40歳!?

出演  「星から来たあなた」「トッケビ」,「心が届く,「私を愛したスパイ」,「スノードロップ」

f:id:kandsoramame:20230528012013j:image

出典 ENA 「ボラ!デボラ」

イ・スヒョク↗︎

出版社シンリの副代表でプランナー

ユン・ヒョンミン 年齢38歳、身長184㎝
元野球選手が歌声も披露してた、多才すぎ。話し方がソフトで甘くてイイ声、セリフ聞いてるだけで腰がくだける。

出演作品 「魔女の法廷」,「ケリョン仙女伝」,「愛しのホロ」,「あいつがそいつだ」,「復讐せよ」

 

ノ・ジュワン↖︎

ボラの恋人。大手フランチャイズ“母方の家チキン” 2代目。

ファン・チャンソン/2PM 年齢33歳、身長184㎝
演技ドル、大事な役です。私はちょい苦手。

出演作品 「あやしいパートナー」,「キム秘書はいったい、なぜ?」,「だから俺はアンチと結婚した」,「ショーウィンドウ」

 

ハン・サンジン↙︎

図書出版シンリの代表

チュ・サンウク 年齢44歳、身長180㎝
ま・まままさかチュサンウクがこんな(老害?)役をやるなんて。最初 別人かと思ったわ。意外と似合ってる。

出演作品 「ジャイアント」「善徳女王」,「グッドドクター」,「ずる賢いバツイチの恋」「美女の誕生」「不滅の恋人」「偽りのフィアンセ」,「還魂」,「太宗イバンウォン」

f:id:kandsoramame:20230528012342j:image

出典 ENA 「ボラ!デボラ」

その他のキャスト

イ・ユジョン↗︎(パク・ソジン/Girl’s Day)・・・ボラの親友、ライフスタイルマガジンのエディター

ヤン・ジヌ(イ・サンウン)・・・カフェ経営、ユジョンの夫

ヨン・ボミ↗︎(キム・イェジ)・・・ボラの妹

ヤン・ジンホ↗︎(ク・ジュネ /iKON)・・・兵役上がりの若者  ハツラツとした若者役がアイドルとは驚いた、メイクして歌う姿は別人みたい!

パン・ウリ(ホン・ファヨン)・・・出版社シンリの新人

ソ・スジン(ソン・ミンジ)・・・サンジンの元妻

イム・ユリ(キム・ジアン)・・・スヒョクの彼女

 

キャストの感想

スタイル抜群の女優陣が、寸足らずコーデをカッコよく着こなす。昔のヘソだしを今風に頑張って言い換えてみたけど、今はクロップド丈というらしい(そら豆調べ、どうでもいい)

ステキな衣装は恋愛ドラマらしく外見を磨くこと、外見に気をつかうことを強調しているのかなと思いました。

元野球選手のユン・ヒョンミンが運動して汗を流すシーンに おお!ってなった。だって元アスリートだよ? 色男だったチュ・サンウクは おっさん上司役が似合う年頃に。

しかし、私好みのイケメンがほぼいないドラマでした。

 

最後に

恋愛細胞と結婚細胞はちがう。

そうか結婚すると別の能力が必要なんだーと改めて知った。夫婦の生活能力が結婚生活を左右する。

今作の三角関係は、男子2人がステキだから成立する話でした。

ドラマに出てきたハインリッヒの法則 1度の大事故の裏には29回の軽微な事故と300回の予兆がある

なるほど、イエローカードを甘く見ないことね。

心も品物もきちんと整理して次へいかないと次に出会う人に失礼だな、とか。恋愛の場数を重ねて、やってはいけないことを学んでいく。

全14話と短めなのに、何組かのカップルが登場して。人生いろんなことがあるなと思った。サイドに派生する恋愛カップルもさまざま。

前半~中盤のロマコメ旋風に大笑い★6
→後半ちょい居眠りで★5  面白いドラマなのでラブコメ好きの方にオススメ。アマプラで気楽にご視聴できます。

 

参考文献  namu.wiki/w/보라!%20데보라

 

スポンサーリンク

 

 

あわせて読みたい