韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓ドラ「とにかくアツく掃除しろ」 感想 とにかく熱くキム・ユジョン

キム・ユジョン主演だ( ̄ー ̄) ドヤッ! ←コレガ感想? ピンポンパンポーン♪ お知らせです。 「お勧めする理由がこれしかありません」

韓国ドラマ 「私は、チャン・ボリ!」 面白いわよ

私はチャン・ボリ! (全52話) あらすじ 感想 面白かった キャストについて テーマについて 関連記事 2014年 MBC演技大賞で9冠を獲得した話題作 最高視聴率は驚異の37.3%、平均視聴率 20.3% ザ・韓ドラ、面白くて全52話を一気観(腰は大丈夫!) 心温まるラブあ…

韓国ドラマ「皇后の品格」感想 あらすじ

品格など微塵もないドラマ。 「皇后の品格」←(;´・ω・)ノタイトルから間違ってるよね。 「逆襲の皇后」でどうかしら(シャーなの?)。 ラブリーな雰囲気のラブコメとは全く別物の、復讐サスペンス。

「奇皇后」を1週間で全話視聴したら腰を壊しました

そら豆は、椅子に座ってのPC視聴「奇皇后」1週間で全51話完走後、 腰を痛めて土日寝たきりになった過去を持つ女です(5年前)。

韓国ドラマ「私のIDはカンナム美人」感想 あらすじ

ト・ギョンソク役、チャ・ウヌ 身長183㎝、美形アイドルグループASTROの中でも 飛びぬけた美貌で視線が集中します。 最初彼を見た時、こんな美形がいていいのか・・・と感嘆。 ドラマ恋愛シーンの色気と、艶を含んだ瞳に、 そら豆息の根が止まりました (死んで…

韓国ドラマ 「師任堂[サイムダン]、色の日記」 感想 評価

昔観た映画「ダビンチコード」のような絵画に秘められた謎解きが絡み。 過去も現代も、「どうなるの?」と先が気になって。 居眠りする間もなく、一気に視聴しました。 タイトルは、申 師任堂=シン・サイムダンという女性の名前です。

韓国ドラマ「マソンの喜び」感想 あらすじ

ソヌグループの御曹司コン・マソンの消える記憶に、 唯一刻まれるチュ・キップムとの会話。 キップムだけが彼の日常であり喜びとなる、 甘やかなラブストーリーです。 軽快な音楽とキップムの明るさで、 私も気持ち良くサクサク視聴しましたよ。

韓国ドラマと奇跡のポケGO女子会

現在は、9割韓ドラ1割ポケGOのそら豆です。 そこに仕事と家事がありませんけどーー!? ✧( ゚д゚)__♭" ドンダケー(←まさか顔文字があるなんて) 女子会メンバーの会話 ファミレスで繰り広げられる会話を切り取ってみると・・・。 「キム・ユジョンの新作がねー」 「ア…

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」辛口 感想

正直には言いにくいのですが、 イ・ジャンウ、ユイが苦手でチェ・スジョンも別に…の私は、 期待せず観たけど、それ以下でした(正直すぎそら豆(;'∀')) 上流財閥一家 、上中流家族、下層家族、 ほぼこの3宅しか出てこない『世間狭い系韓ドラ』。 普通によくあ…

韓国ドラマ「花郎〈ファラン〉」感想とか

ZE:Aのヒョンシク、SHINeeのミンホ、防弾少年団のV、 しかも、パク・ソジュン主演!これを日本語に訳しますと ヽ(*´∀`*)☆彡~イケメンパラダイス~(*´∀`*)ノ。+゜*。 「花郎(ファラン)・ザ・ビギニング」=イケメンパラダイス(分かったから) 出典 https://bonlivre…

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 感想 あらすじ 評価

一国を覆す『革命』の原動力は大衆一人一人の意志にあり、 その中心に位置するチョン・ドジョンの情熱が他の5人を介し、 大衆にも余波のように広まる様が克明に描かれていて、面白かったです!

韓国ドラマ「第3の魅力」感想 あらすじ 評価

タイトル「第3の魅力」ですが、 邦題は、「ソ・ガンジュンの魅力」 にしてはどうかしらっ ( ̄▽ ̄)提案! ソ・ガンジュンを見るだけと割り切れば、 楽しく観れるのかもしれません。

韓国ドラマ「知ってるワイフ」感想 あらすじ

チソン & ハン・ジミン 共演の夫婦ラブコメディ もし人生の分岐点に戻れたら、人生を変える?変えない? 演出: イ・サンヨプ 「ショッピング王ルイ」 脚本: ヤン・ヒスン「ああ、私の幽霊さま」 「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ」 出典 https://n…

韓国ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の感想を語る

カントリー調オールドポップスのBGMがゆるゆると流れる中、 子犬のようなチョン・ヘインがヌナ(お姉さん)に優しく微笑みかける。 そんな映像や画像をあちこちで見掛けて、 タイトルからも綺麗なお姉さんと年下男子の 萌え燃えラブストーリーかと思ってました…

韓国ドラマ「パンドラ 小さな神の子供たち」感想 あらすじ

「真実は1つとは限らない」 これはジェイン(カン・ジファン)の言葉ですが。 “真実はいつも1つ” のはず。 (; ・`д・´)だってコナンが言ってたもん! コナンを敵に回すようなセリフの数々に そら豆の概念が覆されました (刷り込まれてたんだね)。