韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」

全話気の抜けない面白さ!

綺麗イ・ジョンソクの表情から

目が離せなくなる最高のドラマでした

f:id:kandsoramame:20191017001513j:image

出典 https://dimg.donga.com

 

演出 チョ・スウォン「ピノキオ」「30だけど17です」

脚本 パク・ヘリョン「あなたが眠っている間に」

「君の声が聞こえる」(全18話)

 星 ★★★★★★7つ 満点

韓国放送 2013年6月~8月 SBS

韓国語表記 너의 목소리가 들려

 

※2019/08/17記事加筆修正しました

スポンサーリンク

 

 

 あらすじ

高校生のパク・スハ(イ・ジョンソク)は幼少期事故に遭い、

他人の心の声が聞こえる特殊能力を持つようになる。

 

10年前、父親が事故時に殺害される一部始終を、

同乗していたスハが見ていた。スハも殺されかけたが、

犯人のミン・ジュングク(チョン・ウンイン)の様子を

2人の女子高生も目撃していた。

しかし、ミン・ジュングクに「証言したら殺す」と脅される。

 

ジュングクの心の声が聞こえ、現場も目撃し殺害は間違いないのに

誰も幼いスハの証言には耳を傾けず。

単なる事故で処理される寸前、

高校生目撃者の1人チャ・ヘソン(キム・ソヒョン)が

法廷で証言し、ミングクは有罪に。

 

その後、殺人犯ジュングクの報復を恐れて泣くヘソンに

幼いスハが 「僕が守ってあげる」と約束する。

 

10年後、美人弁護士となったヘソン。

彼女に憧れるスハは、やる気のない弁護士姿を見て呆れるが、

 

スハの特殊能力で真犯人を特定し、弁護士ヘソンの信頼を得る。

そんな中、殺人犯ミン・ジュングク(チョン・ウンイン)が

刑期を終え出所。復讐の為にヘソンを狙う。

スハはヘソンを守る約束を果たそうとするが・・・。

 

 感想

力強く速い展開に、いろいろなエピソードが盛り込まれていて面白いです。

1本の大筋に全ての話が繋がっている為、

話が散漫にならずまとまり、そこにグイグイ引き込まれます。

裁判で持ち上がる事例一つ一つに韓国社会の問題が絡み、

法曹界の話なのに難しくない。

つまり、脚本が素晴らしいドラマでした。

 

キャスト

チャ・ヘソン役のイ・ボヨンは嫌味ない適度な美人。

家では干物女、外でも適当に稼ぎたいだけ。

国選弁護士になり、周りの人の影響で徐々に変わっていきます。

宿敵の幼馴染み、検事ソ・ドヨン(イ・ダヒ)と絡む度に、

互いに自分を見つめ直し切磋する過程も良かったです。

 

ヘソンの同僚、国選専坦 弁護士 チャ・グァヌ(ユン・サンヒョン)

この方のお陰で、辛くならずストーリーに温かみを感じることができました。

正義の中の思いやりなど、彼から学ぶことが多かったです。

f:id:kandsoramame:20191017001855j:plain

出典  https://news.joins.com

 

それから、ヘソンの母親役のキム・ヘスクは流石の演技力。

強烈な印象が残りましたよ。

 

そして、このドラマの立役者

パク・スハ役のイ・ジョンソク。

f:id:kandsoramame:20190817180821j:plain

出典 https://news.joins.com

いろんな表情を見せてくれました。

そのスレンダーな見た目とは裏腹に、

心の中に秘める強く熱い思いが伝わってきてクラクラきます。

心を読む時の表情が一番好き!

主役お二人が一緒にいるシーンは、微笑ましく、

ずっと見ていたかったです。

 

身長が185cm以上だから、他の人が小さく見える。

スハの人の心が読めてしまう能力が羨ましくもあり、痛ましくもあり。

いつもヘッドホンを首にかけているのは、

聞こえる音が多すぎる自己防衛なんでしょうね。

精神的に早く大人にならざるを得なかった高校生を好演。

 

 裁判について

有罪か無罪かの判決は難しくて

未だにドラマが正しかったのかは疑問ですが。

定められた言葉と過去の判例から読み解く、法律の解釈。

人によって、考え方も違うし、人が人を裁く限界もあります。

法曹界の方がご覧になったら、どんな感想を抱かれるのか聞いてみたいです。

登場人物達の言葉を素直に受け止めれば、

観るだけで自分も成長できるドラマだと思います。

 

国選弁護士の師匠シン・サンドク(ユン・ジュサン)の声と言葉が

後輩弁護士を正しく導いているのが、視聴者への道しるべのようでした。

 

スポンサーリンク  

関連記事


www.kd-sora.com