韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「メイクイーン」

ザ・韓ドラ要素満載

緩急ある展開に惹き付けられ一気観

「造船」という題材も、興味深かったです

f:id:kandsoramame:20190825122127j:plain

出典 enews.imbc.com/News/RetrieveNewsInfo

 

「メイクイーン」(全38話)

★★★★★★☆ 星6つ

韓国放送 2012年8月~11月 MBC

韓国語表記>메이퀸 MBC (MAY QUEEN)

※2019/08/25 記事加筆修正しました

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

石油工学者のハクス博士は、

ある情報が入ったマイクロフィルムを狙われ、

仲間のチャン・ドヒョン(イ・ドクファ)に射殺される。

ハクスの友人キチュルは、息子の命と引き替えに、

ハクスの娘ユジン(2歳)を殺害するようドヒョンから命じられたが、

密かに軍隊の先輩チョン・ホンチョル(アン・ネサン)にユジンを預けた。

一方、夫と娘を失ったハクスの妻グミは、

夫を殺したドヒョンの口車に乗せられ彼と再婚。

二児(イルムン、イナ)の継母となる。

11年後、借金取りから逃げるチョン・ホンチョル一家は、

再び蔚山(ウルサン)へ。

ユジン→へジュ(キム・ユジョン)は、

継母に虐げられながらも明るく健気で、

溶接が得意な気骨のある少女に育っていた。

 

そこで、キチュルの息子パク・チャンヒ(パク・コンテ)や

大手造船会社の孫カン・サン(パク・チビン)と出会う。

造船への夢を抱く2人の影響を受け、ヘジュも造船に興味を持つ。

ヘジュは同級生イナの母親と会うが、実の母親だとは気付かなかった。

 

感想

このドラマ、最初から面白かったです!

アン・ネサンさんの愛情溢れる父親役と、名子役達のハイレベルな熱演は絶賛もの。

先が観たくなるワクワクする展開で、

これは久しぶりに キター(°∀°)ーと思いました。

ヘジュが海で死亡したはずのユジンだとチャン・ドヒョンにバレたら、

大変なことになる~~(;´Д`)と、ヒヤヒヤしたり。

 

養父チョン・ホンチョル(アン・ネサン)がヘジュに語る言葉、

「家族とは血の繋がりじゃない。空腹も悲しみも痛みも分け合ってこそ家族だ」

が心に染みたり。

 

継父ホンチョルは、継母の虐めからヘジュを庇い、助け、教える。

実の父親以上にヘジュを思いやり、血の繋がりがないとは誰も気付かない。

この父娘の深い愛情だけでも感動作でした。

 

子役時代に流れるエンディング曲も良く、

大人になった三人の姿が映し出されて期待感が押し寄せます。

f:id:kandsoramame:20190825121801j:plain

出典 https://news.joins.com

左から

パク・チャンヒ=子役パク・コンテ→ジェヒ

陰のある大人パク・チャンヒ役のジェヒ。
王道のイ・ケ・メ・ン。
冷たい視線がハートに刺さりましたわー。

刺さった矢がなかなか抜けませんー。

チョン・ヘジュ=子役キム・ユジョン→ハン・ジヘ

チョン・ヘジュ役のハン・ジヘ。
かつて、こんなに殴られたヒロインがいたかしら?
女の子なのに可哀想だと思ったけど、ヘジュも結構人を叩くから同情しにくいかな。
ハン・ジヘさんは演技が上手いです。

カン・サン=子役パク・チビン→キム・ジェウォン

陽気な大人カン・サン役のキム・ジェウォン。
お顔は好きじゃないけど、大きな目をキョロキョロ動かし、軽い喋り方。
妙な魅力があって彼の雰囲気が何か良い。
ヘジュと再会するくだりが面白くて、そこが一番好き。

悲惨な要素も多々ありましたが、ストーリーが重苦しくならなかったのは、
明るい彼(カン・サン)の存在が大きかったと思います。

 

子役時代がとても長く、9話でやっと15年後へ。

でも、実力派揃いの子役達のお陰で、あっという間。

顔が似ている訳でもないのに、他の子役さん達も全員無理なく子役→大人へ移行。

雰囲気を似せた役作りの賜物だと思いました。

 

この3人の三角関係や、複雑な親子関係、

石油を採掘するドリルシップ建造に向けての陰謀の数々、

技術と実力ある主役達の活躍など、見所がたくさんあります。

 

ヘジュの実母イ・グミ役、ヤン・ミギョン

全話の重要人物です。

「チャングムの誓い」のハン尚宮。

素敵な演技で物語りを引っ張っていました。

 

ヘジュの叔父ユン・ジョンウ役、イ・フン

前半から後半にかけての変貌ぶりには目を見張ります。
後半、着替えシーンのモムチャンぶりにはひっくり返りました。

どんどん格好良くなっちゃって。

この2人のやり取りはもはやコントでした。

 

最後に

ヘジュが、ある人に言われた
「闇が深いだけ光は眩しい」
このセリフが一番印象に残りました。


ご覧になった方は、皆さん終盤で

「おいおい、ここにきてそれはないやろーヾ(・∀・;)ドンビキダヨ!」

と一斉に突っ込まれたのではないでしょうか。
多分、私だけではないと思います。

そこがなければ、このドラマは日本でも、
もっと高い評価を得られたと思います(^_^;)オシイッ!

でも、特にこの序盤~前半にかけてに関しては観て損はない、

面白いドラマだと思います。
 

関連記事

 この頃の韓ドラ評価表
www.kd-sora.com

 

 
 

スポンサーリンク