韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「抱きしめたい~ロマンスが必要 3」

あの「ロマンスが必要」シリーズ、第3弾ヽ(*´∀`)ノ

1・2とはちょっと違うテイストでゆるく甘いストーリー

ラブロマンスの中では、かなり面白いドラマです。

(でも、私はラブコメが好き) 

f:id:kandsoramame:20190824221432j:plain

 出典 https://blog.naver.com

演出 チャン・ヨンウ「ロマンスが必要2」「ホテリアー」
脚本 チョン・ヒョンジョン「ロマンスが必要2」「ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人」

「抱きしめたい~ロマンスが必要」(全16話)

★★★★★☆☆ 星5つ

韓国放送 2014年1月~3月 tvN

韓国語表記 로맨스가 필요해 시즌3

※2019/08/24 記事加筆修正しました

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

17年ぶりにアメリカから帰国したばかりの

作曲家&音楽プロデューサーのアレン・チェ(ソンジュン)、

本名はチュ・ワン。

彼は、幼少期に韓国で姉のような存在だったシンシンを想い続けていた。

 

 シンシンこと、シン・ジュヨン(キム・ソヨン)は、

テレビショッピングの一流マーチャンダイザー(MD)。

何度も恋に失望した経験を経て、

優しかった過去の面影はなく、今では殺伐とした雰囲気に。

チュ・ワンは再会した彼女が、昔とは掛け離れた性格になっていて驚く。

 

シン・ジュヨンの友人でライバルのオ・セリョンは元モデルの人気スタイリスト。

元彼であるカン・テユン(ナム・グンミン)に未練たらたら。

シン・ジュヨンも、会社の上司である局長カン・テユンが気になる。

 

そんな中、ワンの母親に恩があるジュヨンは、

頼まれてワンと同居することに!?

幼い頃にサツマイモ呼ばわりしていたチュ・ワンが、

美男で音楽家のアレンと同一人物だとは気付かなかった。

 

感想

 「ロマンスが必要2」と同じく、幼馴染の男女が同居する話。

1・2では、メンバーが同年代で構成されていましたが、

今回は、年齢がほとんどバラバラ。

ジュヨンとオ・セヨンは同級生ですが、仲が悪い設定の為、接点があまりなく。

同級生のガールズトークが醍醐味だった同シリーズ2作とはそこが違ってました。

しかも同居する男女が、32歳のジュヨンと、26歳のチュ・ワンで6歳差!

 幼馴染と言っても、ほとんど姉弟の関係だった2人です。

 高校1女子と小4男子では、過去に恋愛感情が成立しているはずもなく。

イメージ 6

tvN「抱きしめたい~ロマンスが必要 3」より引用

同居しても、ジュヨンはワンのことを弟としか見れない気持ちも分かりました。

でも、そのワンが・・・(゚Д゚)

長身美男・音楽家+女性に優しく尽くす完璧年下男子。

現実味がないくらい、女性が(私が)好む年下男子になってて。

 

ほとんどの女性がワンにキャラ堕ちしちゃうんじゃないかしら??

ジュヨンもだんだんグラグラしてきますが、

当たり前だわねー(*´Д`*)

 

キャスト

作曲家チュ・ワン(アレン・チュ)役 ソンジュン

ソンジュンの役の中で、これはぶっちぎりに良かった。

お互いを、シン・ジュヨン=シンシン

サツマイモ=コグマと呼び合うのも可愛かったし、

「シンシン」と呼ぶ彼の声が、未だ耳に残っています。

同居ならではのドキドキシーンにはキューンとしました(*-ω-)

 

シン・ジュヨン(シンシン)役 キム・ソヨン

主役2人お似合いの美男美女。

実年齢35歳と25歳。

10歳差に見えない!キム・ソヨンが若(°0°)!!

そのお陰で、違和感なく見れました。

「検事プリンセス」のマ・ヘリが頭に浮かんできて困ったけど^_^;

 

カン・テユン役 ナムグン・ミン

三角関係の1人で、ジュヨンの職場の上司。

あまり魅力的なキャラではなくて、

ワンの魅力がより引き立ちました。

 

イ・ウヨン役 パク・ユファン

ジュヨン職場ホームショッピングMD社員。

私、ドラマ視聴前からパク・ユファンに期待していたのですが・・・。

彼はユチョンの弟って肩書きがない方が良いんじゃないの?と思いました。

似ていないし、演技は兄と比べると可哀想。

 ユチョンというビッグネームと比べなければ、普通の若い俳優。

(比べるとガッカリ感があります)

彼の恋愛には、私はそれ程興味を持てず。でも結構出番がありました。

 

イ・ミンジョン役 パク・ヒョジュ

ジュヨンの同僚で先輩、代理。

赤裸々ガールズトーク3人のメンバー。

相手役(一応恋人)のアン・ミンソク(ユ・ハジュン)が面白くて。

言ってることと、やってることがチグハグで可愛かったです。

 

「ロマンスが必要」シリーズについて

何故この3作品がシリーズなのか?

疑問の方のために、その共通項をご紹介♪

・33歳前後のヒロインが、美男2人に愛されて三角関係に揺れる

・女性3人の恋愛模様・友情・成長を描く

・赤裸々なガールズトークがある

・静止画と、ヒロインの本音吐露 ・キスシーンが多い・軽快で明るいOST

・スタッフが同じ

 

つまり、共通部分があるだけで、続きものではありません。

何番から観てもOK。

3作品ともラブシーンは濃厚でした! 

このシリーズ、まだ続くのかしら?

 

なんだかんだ言いながら、4が出ても私は結局観てしまうと思います。 

今回は、特にストーリーが軽くて観やすかった。

 

最後に

スルスルと、あっという間に観終わりました。

でも、シリーズで一番面白かったのは「ロマンスが必要 2」。

 

今回はカメオ出演でしたが、キム・ジソクが演じたシン・ジフンが、

このシリーズ男子の中ではダントツ1位だからです。

ソンジュンは2位(*^_^*)好みの問題です。

サイドストーリはこの3が一番面白くなかった。

他のカメオ出演も豪華~。

チュ・サンウクとアレックス。

これには、テンションが上がりました。

 

関連記事

 ロマンスが必要シリーズ2

www.kd-sora.com


スポンサーリンク