韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「ロマンスが必要 2」

dこのドラマが『1月末で視聴終了』と出てきて

慌てて~ヽ(´Д`;)ノ観ましたよ。
 
 韓国版「SEX and the CITY」

f:id:kandsoramame:20190825220728j:plain

出典 blog.naver.com

「ロマンスが必要 2」(全16話)

★★★★★☆☆ 星5つ
韓国放送 2012年6月~8月 tvN 
韓国語表記 로맨스가 필요해2
※2019年8月25日 記事加筆修正しました
 
スポンサーリンク
 
 

あらすじ

母親同士が親友だったことから、半同居を続けている、
幼馴染の男女。
 
33歳、音楽監督で作曲家。大雑把な性格のチュ・ヨルメ(チョン・ユミ)
34歳シナリオ作家。自信家だが優しい性格のユン・ソクヒョン(イ・ジヌク)
 
2人は、高校生の時から5回付き合い→別れを繰り返し、
結局は、男女の意識を持ったまま友達関係となる。
 
そんな中、カフェオーナー、シン・ジフン(キム・ジソク)
 から思いを告げられたヨルメは・・・。
「結婚」から逃げるソクヒョンとの未来に期待できないと悟り、
次第にジフンに惹かれていく。
 
ヨルメと、シューズデザイナーのソン・ジェギョン(キム・ジウ)、
映画館マネージャーのウ・ジヒ(カン・イェソル)が、
仲良しアラサー女子3人で赤裸々な恋愛相談をしながら、
それぞれが本当の愛を見つけていく。
 

感想

 8話くらいまで観て、
『おぉ?・・・私、このドラマ1回観たことあるぞ( 'ω')!』
と、気づきました(記憶喪失?)。
ラストの記憶さえも希薄だったので、結局そのまま最後まで完走~
気楽に観れる、キュンキュン度の高い'恋愛ドラマ'でした。
私は最後まで、ラストに関しては記憶喪失のままでした。
(ある意味良かったわね)

 前半は、やはり前身の「ロマンスが必要」とよく似た設定・内容だと思いました。
出演者は総入れ替えでも、スタッフ(脚本・監督)が同じみたい。
ちなみに、シーズン1の「ロマンスが必要」は星★3。
 
恋愛がメインテーマですから、キスシーンが多い(*-з-)`☆
 
それと、アラサー3人の恋愛本音トークが面白い(//∇//)
3人は、それぞれが個性的で、魅力的です。
韓ドラにしては珍しく、色っぽさが濃ぃぃ内容です。
 
なんでこんなに、前回観た記憶が薄~かったのかと言うと、
私はイ・ジヌクが苦手で(^_^;)
高校生役のくせに、ヒゲあとが濃いのがどうしても気になりました。
1回目は、そのせいで嵌れなかった。
また、そのヒゲあと高校生回想シーンが多いんの(´・д・`)
そして、笑顔と声がなぁ・・・(好きじゃないのよ)←小声
 
でも、「ナイン」で前髪を上げた彼が、思いのほか格好良くって、
免疫が出来ての視聴が良かったようです。
 
良かったのはこの方、シン・ジフン役のキム・ジソク!!
こんな男性にこんなこと言われたら・・・
 (/ω\*)キューンですよ。
彼が出てくると、常に妄想との戦いでした。
声も好きだし、やることなすこと男前っ。
理想の男性がここにいたのねって感じ。
 
なんと、本当の親友(!?)イ・ジヌクからの推薦で出演が決まったらしいです。
ジヌク偉い!!
ストーリーは、スリリングではないけれど
飽きのこない展開で。
後半のエピソードは、人によって好き好き
かもしれませんが。
全体的に納得のいく、まとまったお話です。 
 
日本人女子にも、『そうそう』と共感
できるところも多く、
シャイな日本男性ではあり得ない韓国男性の女性への気遣いには、
羨ましくなるシーンもあるかも?

主要人物全員が、人を思いやれる自立した大人であることも、
このドラマの人気の一因かな?と思いました。

 
 明るい恋愛メイン、悪役不在の韓ドラが好きな方には必見ドラマです。
 
 このシリーズですが、「ロマンスが必要 3」もすでに
日本で放送が始まっていますねー。
 
キム・ソヨン(←「検事プリンセス」のマ・ヘリ役)
ソンジュン(←「九家の書」のコン役)
ナム・グンミン(←カッコイイ人)
パク・ユファン(←ユチョン弟)
 
などなど
出演者がちょっと豪華じゃないですか?
 
年下男子とのラブラブなストーリーだし。
このメンバーで・・・
「ロマンスが必要」シリーズだよ!
    (*´﹃`)エヘ
 
 
・・・オホン(>o<;))((;>o<)オホン

いつになるか分かりませんが、
いつかこちらの記事もUPさせていただきますね♪

関連記事

そのUPした記事がこちら

www.kd-sora.com

 

 キム・ジソク出演作品

www.kd-sora.com

 

スポンサーリンク