韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ 「応答せよ 1997」

やっとこのドラマをラストまで視聴しました

面白いヽ(*´∀`)ノ ラブコメだった~

f:id:kandsoramame:20190824181849j:image

出典 https://socialinnovation.tistory.com

「応答せよ 1997」(全16話)

星 ★★★★★☆☆ 5つ

韓国放送  2012年7月頃

韓国語表記 응답하라 1997

※2019/08/24 記事加筆修正しました

 

スポンサーリンク  

 

 

あらすじ

2012年、ソウル市内の居酒屋。

30代になる男女の、高校時代の同窓会。

この中に、結婚する1組のカップルがいます。

さて、それは誰と誰でしょうか?

 

という問いかけから、スタートし、物語は過去に遡る。

彼らが高校生だった1997年の釜山。

ソン・シウォン(チョン・ウンジ)は、ろくに勉強もせず

大ファンのH.O.Tのトニー・アンのことばかり考えている。

 

一方、幼い頃に亡くなった両親の親友であるシウォンの父母と、

高校教師の兄ユン・テウン(ソン・ジョンホ)に育てられた、

成績は常にトップ、運動神経抜群、容姿端麗な完璧男子

ユン・ユンジェ(ソ・イングク)。

 

この2人は幼馴染だが、第二次性徴から関係が微妙に変化していく。

 

そんな2人を取り巻く友達

・ダンスが上手い美男子、カン・ジュニ(ホヤ)

・女性の前ではシャイな男、ト・ハクチャン(ウン・ジウォン)

・お喋りで明るい男、パン・ソンジュ(イ・シオン)

・主人公・ソン・シウォンの女友達、モ・ユジョン(シン・ソユル)

この6人の高校生達と、

彼らの教師でありユンジェの兄テウンやシウォンの父母が、

ドタバタしながらも、いろんな愛情表現を展開する。

過去と、同窓会での現在の彼らを交互に見つつ、

誰と誰が恋愛を成就させたのか、視聴者には徐々に明らかにされていく。

 

感想

このドラマ、1話目でリタイアを繰り返すこと今までに4回。

私にとって、永遠のリタイアドラマだったかも(^_^;)

それくらい、1話目では魅力がよく分からなかったドラマです。

 

韓国ドラマにはあまりない、視聴者がタイムトラベルする見せ方で。

登場人物の過去に遡って、

現在に至るまでの過程がストーリー展開されていきます。

非常に丁寧な回想シーン(?)が、物語のほとんど。

青春あるあるてんこ盛りって内容です。

 

現在の同窓会で恋愛成就したカップルが、なかなか明らかにされず。

そこが、焦れったい!!けど、気になるから最後まで見ちゃう。

サイドスリーも、面白かったですよ。

 

時系列が前後するから、慣れるまで私は時間がかかりましたが(ちょっと苦手)。

主役の三角関係もキュンキュンでした。

 

個性豊かなキャストたちについて

カン・ジュニのボーイズラブがなんとも言えず、甘酸っぱかったです。

初々しく、可愛く、切なくて(*´д`*) 

男友達なら当たり前にやるハグも、

ジュニを見ていると*1ドキドキ

自分が、ボーイズラブの行方が気になるとは意外でした。

でも、ジュニの恋愛が成就するとは最初から思えず、

とにかく、見ていて切なかった。

 

ソン・シウォンの女友達、モ・ユジョン

彼女の恋愛の悩みや友達関係も、

あ~、昔あったあったと誰もが共感できる庶民的な青春もので。

復讐・悪役・財閥が一切ない、味のある素朴な庶民ドラマ。

そこに、メインテーマが、2大K-POPグループのファン対立という。

非現実的要素をうまく絡めてあって、

飽きさせない(対立って現実にあるの?)。

 

アイドルグループH.O.Tのトニーに対する、

ヒロインソン・シウォンの本気度が熱狂的過ぎて怖かったかな。

この子、目は冷静なんだけど、やることが激しくて|゚Д゚)))

ファンの対立も激しかったんですが、

幼馴染のユンジェをあそこまで叩く必要があるのかな(;´д`)?

 

そんな暴力的なところに私は引いてしまい、

あまり好きになれず、シウォンどこが好きなのか・・・。

 

ソ・イングク君が演じるユン・ユンジェ

彼のPVと言ってもいいくらい、イングク君の魅力満載ドラマ。

ラブシーンは全部鼻血もの ( ̄TT ̄)

伝説のキスシーンは巻き戻しましたよ!

女性への迫り方とかは、歴代上位に入るくらいのトキメキ度。

イングクの成長過程の演じ方が素晴らしかったし、

少年→青年の恋愛感情が育っていく様がリアルに伝わってきました。

 

天才教師でユンジェの実兄のテウンも、

飛び抜けた長身で魅力的なんですよね~・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:

向井理さんみたいな雰囲気で、優しく包み込んでくれるようなお兄さん。

ヒロインのシウォンにとっても、重要な人物です。

昔は、シウォンの実姉ソン・ソンジュと恋仲でしたが・・・。

という過去にも、このドラマは遡ったりして。

シウォンの、父母の過去にまで遡ったりして。

時系列があっちこっち飛びまくり。

珍しい編集の仕方で面白いんだけど、

私はメインストーリーをもっとサクサク観たかったです。

f:id:kandsoramame:20190824182257j:image

 出典 http://www.kookje.co.kr

 

最後に

最後まで観たら、すっきりフレッシュ爽やかドラマで

観て良かったわ~って思いました。

終盤に出てくる『真実の椅子』、

さすが韓ドラって感じるくらい粋な使い方でした。

 

視聴途中、登場人物一覧を見ていたら、

「応答せよ 1997」のネタバレ記載してあって

Σ( ̄。 ̄ノ)ノビックリ(←うっかり者)

未視聴の方は、興味本位にあちこち覗かれない方が賢明だと思います(^_^;)

これは、ネタバレを見ていない前提で、謎解きしていくドラマだからです。

 

 関連記事

 この頃視聴した 韓ドラ ランキング

www.kd-sora.com

 

スポンサーリンク  

*1:〃゚艸゚