韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓流・華流ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「ただ一つだけの愛」感想 バレリーナのエンジェルロマンス

盲目のバレリーナに舞い降りた天使

キム・ミョンス& シン・ヘソン&イ・ドンゴンの三角関係ファンタジーロマンス

 

f:id:kandsoramame:20200122215757j:image

出典 韓国サイト jajuminbo 

 

演出 イ・ジョンソプ「七日の王妃」「ヒーラー」「製パン王キムタック」

脚本 チェ・ユンギョ「運勢ロマンス」

ただ、一つだけの愛(全16話)

★★★★★☆☆ 星5中

韓国放送 2019年5月〜7月 KBS

韓国語表記 단 하나의 사랑

副題? 天使のラストミッション

 

スポンサーリンク

 

ネタバレなし

あらすじ

3年前ファンタジアのプリマドンナだったイ・ヨンソ(シン・ヘソン)。事故で失明してから角膜移植を申し込んでも一向に手術が実施されず。盲目のままバレリーナの未来を絶たれ、失意の日々を送っていた。

両親がヨンソに遺した莫大な財産を狙う冷たい親戚には頼れず。高慢なお姫様のヨンソは孤独な中、チョ秘書(チャン・ヒョンソン)だけが心の支えだった。しかし、そのチョ秘書も・・・。

一方、優しい天使のキム・ダン(キム・ミョンス)は動物を看取る任務を終え、天国へ帰国(?)する予定。ヨンソを公園のベンチで見かけ、側に座って様子を伺う。人間からは見えないはずのダン、盲目のヨンソに何故か気配を悟られる。

その後ヨンソが命の危険にさらされた時、うっかりダンが救出してしまう。人間の生死に関わった掟[オキテ]破りの罰で、天使ダンは消滅・・・のはずが。使命【恋のキューピッドとして、人間に愛を教える】で100日間の猶予を与えられ、ヨンソが真の愛を知るまで助けることに。

ヨンソの秘書となったダンは、バレエ団で芸術監督を務めるチ・ガンウ(イ・ドンゴン)のヨンソへの好意を知り、2人の恋を応援しようとするのだが…。

(2020.そら豆)

 

感想

エンジェル系の神秘的な音楽と映像、やっぱり天使だったのね!のキム・ミョンス。ただ綺麗なだけでなく、韓国ドラマらしくミステリー要素も。

純真無垢なはずの天使達が登場するにしては現実味のあるドラマで。天使達に慈悲や寛容さがあまりなく。容姿は天使でも設定は死神に近いなと思いました。天使だから善なる存在というわけではなかった。

 

これで主題はバレエですからね。シン・ヘソン他バレリーナの衣装も可愛くて華々しい。ダンスシーンなど、全体的に映像美が(音楽も)お見事でした。

この映像美に最大の貢献を果たしたのが天使キム・ダン役のキム・ミョンス(INFINITEのエル)。どのアングルからも常に超絶綺麗で❗️  ドラマ視聴後に「ミョンスは人間か天使か?」って聞けば「天使」で圧勝間違いなしです。可愛くて無垢な表情が正にエンジェル。

f:id:kandsoramame:20200131192946j:image

出典 https://forums.soompi.com

 

天使といっても羽を仕舞ったダンは人間界に溶け込み違和感ありません。人でない存在なら人を超越してほしい願望で。私はむしろ、翼を活用してもっとバタバタ飛んで欲しかったし。

えー超能力使えないのかよ(;´・ω・)となるシーンもありました。

韓国で人でない何かドラマが一時流行しましたが、あの時代(3年前くらい?)に観たドラマの匂いがします。この感じ、久しぶりでワクワクしました。

 

ストーリーが3本柱

ストーリーが複雑なのかと思いきや超単純。

1. 天使 2. バレエ 3. 陰謀 

この3つに三角関係ロマンスが絡めてあり。

それぞれに大した理由はなくて。美しく明るい簡単なドラマ。先が気になる程ではなく、複雑なドラマが好きな人には少し物足りない。同じファンタジーロマンスのジャンルなら、「トッケビ ー鬼ー」の話の方が凝っていて面白かったです。

 

バレエの課題「ジゼル」のざっくりストーリー

バレエの課題のストーリーをざくっとご紹介♪♪これを知ってドラマを観た方が面白いと思います。

 

バレエ作品「ジゼル」

ダンス好きで美しく可憐な村娘ジゼルの愛を得たい公爵アルブレヒトは、農夫ロイスのふりをしてジゼルに近づき婚約する。しかし、ジゼルを好きだった森番ヒラリオンが、『ロイスは本当は公爵で、高貴な美貌の婚約者もいる』と暴露。ロイスがそれを認めたショックで、ジゼルは正気を失い死んでしまう。

ジゼルは踊りの精霊ウィリとなり、森番ヒラリオンを殺害するも、この期に及んでまだ愛するロイス(=アルブレヒト)だけは救おうとする。

優雅に魅惑的に踊り男を誘惑、散々一緒に踊らせて死に至らしめるのが精霊ウィリ。冷酷な女王ミルタの命で、精霊ウィリになったジゼルと共に踊らされるアルブレヒト。結局ジゼルの愛で助かるが、彼女は朝摘みの花を彼に差し出した直後に消滅し、墓へ帰る。

残されたアルブレヒトは、ジゼルの深い愛を知り喪失感に打ちのめされた。 ※そら豆風あらすじ

 

スポンサーリンク

 

創作韓国ドラマ「ジゼル」(余計な話)

素朴な美青年アルと愛し合い婚約した貧しい村娘ジゼル。ある日高貴な美女が村へやって来てジゼルと仲良くなる。ところが、ジゼルを好きな村男ヒラ(2番手くん)が、「実はアルは財閥3世で、この高貴な美女は彼の婚約者だ!」と言い放つ。アルもそれを認め(←記憶喪失ではない)、彼の裏切りを知ったジゼルは絶望し狂って崖から落下、死んだがトッケビ(鬼)として蘇[ヨミガエ]る

トッケビのジゼルは、まず村男ヒラの胸に呪いの剣を突き刺した。次に、生前愛した美青年アルにも復讐するが殺せず彼をかばい…自身が消滅する。その後、アルは高貴な婚約者にも見離され、ジゼルの真の愛に気づき、悲しい孤独な人生を送ったのでした。-完- そら豆 作

※韓国ドラマ風の部分は赤表示

 

( ̄▽ ̄)悲劇のヒロインのロマンスファンタジーってことですねー(韓ドラ風いる?)。

 

キャスト 画像左上から

盲目のバレリーナイ・ヨンソ役(26歳)を「30だけど17です」のシン・ヘソンが演じました。

ヨンソは3年前の事故で失明し、幼い頃から活躍してきたバレエリーナの舞台を降りることに。両親は他界し親戚は冷たく、誰も信じられない孤独なお嬢様。使用人にも厳しく当たり、可哀想な境遇だが同情し守ってくれるのは秘書だけ。

ツンツンしたお嬢様役はシン・ヘソンにピッタリで。優美な踊りを見て、彼女は熟練のバレリーナだったのか~と思いきや。今回バレエに初挑戦で特訓したと知り驚嘆。とても数ヶ月練習しただけとは思えなかった…。

「黄金の私の人生」で流暢な外国語を披露し。美醜を併せ持つ不思議な顔と演技で、今回は幅広い演技の才を感じました。多才で器用な素敵女優です。

 

天使キム・ダンを演じたのはキム・ミョンス(INFINITEのエル)身長180㎝。

先輩天使とのやり取りが面白くて。大きな白い翼も違和感なく似合う(てか、マジで彼は天使なんじゃ。それなら羽は自前?)。

キラキラした笑顔と美形な顔と心地よい声と髪型(カミガタは大事)を見ているだけで満足し、実はストーリーはどうでもよかった。白い衣装を着ると無垢で可愛い、黒っぽい衣装はクールビューティ、これぞ神のルックス(何着ても似合うってことね)。こんな俳優いる?泣いても笑っても綺麗って・・・。ドラマのどのシーンも輝くばかりの美しさでした(そら豆BEST俳優10に入れなくっちゃ)。

www.kd-sora.com

 

バレエ団の芸術監督チ・ガンウは、イ・ドンゴンが好演。

三角関係ドラマで彼も重要な役です(ネタバレになるので何も書けない^^;)。

  

f:id:kandsoramame:20200122215136j:image

出典 https://m.mk.co.kr

 

クム・二ナ役(26歳)を演じたキム・ボミは、 実際バレエ経験者のため代役なしで演じていました。ヨンソの親戚でライバル意識を抱いている。ヨンソの事故後、ファンタジアのプリマドンナになった。バレエ姿が可憐、バレリーナは全員細いですねー。

 

ト・ジウォン演じるチェ・ヨンジャ(58歳)は、クム・ルナとニナの母。ファンタジアバレエ団臨時団長でヨンソの叔母。バレエ団の経営権を奪いたい野心家。

 

キム・イングォンが、大天使役で。ダンを導く先輩天使。神出鬼没で指をパチンと鳴らせば魔法を使える。美形じゃない神様役(天使だってば!)もいるんだねー。相手役に呼吸を合わせるのが上手い俳優だと思う。

 

OST

美しいメロディと映像が素晴らしいです!

序盤の映像のみ、特にネタバレなし


[MV] CHAI(이수정) _ Oh My Angel (Angel's last mission : love(단, 하나의 사랑) OST Part.2)

 

最後に

音楽やキャスト、演出を絶賛してる割に評価は★5面白かった(満点は★7)でごめんなさい。脚本がちょっと弱くてストーリーの先が気になるってほどの内容ではなかった。序盤は面白くノリノリで視聴していたのですが。途中から熱心に観る気力が薄れていきました。

 

天使は半裸のイメージですがそんな映像はありません(別に期待してませんよ!)。ダンに翼が生えているシーンで思ったのですが。

羽って透過性なの?服の背中が破れてるの?だって服から翼が出てる・・・と気になりました

(どこに食いついてるんだ) 。

 

視聴後は、天使と聞けばキム・ミョンスの顔が浮かぶようになるのは必至です。

 

ところで、『バレリーナのエンジェルロマンス』を、いっそ邦題にしてはいかがでしょうか?
(* ̄▽ ̄*)←営業スマイルそら豆

 

 

スポンサーリンク

 

 

あわせて読みたい

www.kd-sora.com


シン・ヘソン出演作品↓

www.kd-sora.com