韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓流・華流ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「皇后の品格」過激な現代王宮復讐サスペンス

チャン・ナラ、チェ・ジニョク、シン・ソンロク

主役3人が2018年SBS演技大賞 最優秀演技賞 受賞

好評につき4話延長された韓国の超話題作

架空の現代朝鮮王朝王宮サスペンス&ミステリー

f:id:kandsoramame:20190724232305j:plain

 出典 https://programs.sbs.co.kr

 脚本:キム・スノク「私はチャン・ボリ!」「姉は生きている」
 演出:チュ・ドンミン「リターン-真相-」

 

皇后の品格 (全26話/韓国放送 全52話)

★★★★☆☆☆ 星4つ

韓国放送 2018年11月~2019年1月  SBS

韓国語表記 황후의 품격

この記事は2019/11/30更新されました 

 

スポンサーリンク

 

ネタバレなし

あらすじ

ソヒョン皇后の死後7年が経過した大韓帝国のイファ宮では、皇帝イ・ヒョク(シン・ソンロク)の再婚が急務となっていた。

秘書のユラ(イ・エリヤ)と恋仲になった皇帝ヒョクがピチュイ島で密会中に、ヒョクが彼女の養母ドヒを車で轢き殺してしまう。事故前から現場にいて事件にも関わっていたユラが、被害者が養母だとは隠し事故の後始末をする。

 

ドヒの実子でユラの元恋人ワンシク(テ・ハンホ)が、母親を探す内『皇帝が殺害したのでは?』と気づき世間に訴えた為、皇室警護から命を狙われることに。

ミュージカル女優オ・サニー(チャン・ナラ)の公演中、皇帝が突如来訪。実はアリバイ工作の観覧だったが、皇帝とサニーの熱愛説として拡散。ヒョクとユラの関係を不快に思う太后カン氏(シン・ウンギョン)は、熱愛説を利用し、扱い易いサニーを皇后に据える。

 

皇室に恨みを持つチョン・ウビン(チェ・ジニョク)が警護員となり、復讐を目的として皇帝に近づき信頼を得る。ヒョク皇帝の本性に気づかず皇后になったサニーは、皇室の隠された真実を知り、暴こうとするが・・・。

(2019.そら豆)

 

感想 過激な現代王宮復讐サスペンスだった

 韓ドラファンにとって、架空の王室ものと言えば、「宮~Love in Palace」ですが。「宮」を思い描いて観た人は仰天し裏切られ、衝撃を受けるに違いありません

(どんなドラマや^_^;)。 あんなラブリーな雰囲気のラブコメとは全く別物。

視聴中「そんなバカな・・・」と、何度も呟いてしまうマクチャンドラマ(非現実)で、視聴年齢制限は15歳以上(R-15)。かなり過激な内容です。

 

品格など微塵もない。

「皇后の品格」←(;´・ω・)ノタイトル間違ってるよね?

「逆襲の皇后」でどうかしら(シャーなの?)。

 

よくある財閥が皇室に変わっただけで、ほとんど、大金持ち(皇室)+庶民2軒しか出てこない“3軒ご家族世間狭い系韓ドラ”です。舞台は皇室、ジャンルは復讐サスペンス。

 

韓ドラをかなり観てきた私でも驚くストーリー展開の速さで。少し目を離すと、とんでもない方向に物語が進んでいて、

「なんじゃこれーΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)ま、巻き戻し!」ってのを繰り返す始末。集中視聴、必須です。

 

面白くはないけど、観出したら気になって観てしまう。残酷で刺激的、ここまでしないと視聴率取れないのか…と、私は冷静に韓国民放放送事情を分析してました。韓国で、人気と話題をかっ攫ったものの、さまざまな物議を呼び、問題作として取り上げられたようです。

 

放送通信審議委員会が、生命を軽視するような場面を放送したSBSドラマ「皇后の品格」に対して、法定制裁を加えることに議決した。

出典 news.kstyle.com

 法的には完全アウト…(;'∀')だよね!

 

スポンサーリンク

 

 

キャスト 主役は本当にチェ・ジニョク?

 オ・サニー(チャン・ナラ)

画像左上 ↓ 皇室に嫁ぐミュージカル女優。彼女をチョン・ウビン(チェ・ジニョク)が助けたりします。

 チャン・ナラは、相変わらず38歳とは思えない若さで、笑っても泣いても可愛らしい。「運命のように君を愛してる」からチャン・ナラ祭り開催中の私(それ何年前かしら?)。今回、チェ・ジニョクとの再共演でワクワクしていたのですが、ダニエル&ミヨンの方がお似合いでした。今回サニーは皇后ですから立場は皇帝の嫁、既婚者です。恋愛の方向から見ると不倫だよね。

妹のヘロは、皇室が経営するショッピングモール室長。

 

皇帝イ・ヒョク(シン・ソンロク)

画像左下 ↓ どちらかと言うと、主役はこちらでした。皇帝でサニーの夫。「星から来たあなた」イ・ジェギョン役のあの怖いサイコパスを彷彿とさせましたが、ヒョクはサイコパス(先天性)ではなく、ソシオパス(後天性)。生来は真人間ですが、生い立ちによって残忍な性格に。オ・サニーと出会って変わっていくのですが、それで途中からキャラがブレたように感じ滑稽に見えました。 

シン・ソンロクには残忍なイメージしかないから、彼が笑うと怖いの、

私(-_-;) 「星から来たあなた」のサイコパスが脳裏にチラチラ

 

チェ・ジニョク(チョン・ウビン)

画像右上 ↓ 皆大好きチェ・ジニョク!皇室に恨みを持ち復讐の為、皇室警護員に。警護服姿がカッコイイのなんの。長身で守ってくれる感が半端ないけど、いろいろあって可哀想な人でした。

視聴後、チェ・ジニョク露出の少なさに少し不満が残り、これ本当の主役は誰だったの?と思いました。彼に関してはいろいろ言いたいけど、ネタバレになるのでコメント欄で吐露しました。

↓こちらのドラマのジニョクの方が素敵です。

f:id:kandsoramame:20190724235108j:plain

出典  m.sportschosun.com/news

そら豆一押しの、

王弟イ・ユン(オ・スンユン)

今回異彩を放っていました。身長183cm、23歳、特技が魔術!?(←調べるよねー)

子役出身!通りで演技上手いわ。

あれ? 画像↑にいない(;・∀・)オヤ? 彼がいたから完走できたと言っても過言ではありません!(画像は!?)

 

ミン・ユラ(イ・エリヤ)

画像右下↑ 影の主役みたいなもので、皇室秘書室長。皇帝ヒョクの愛人でワンシクの元恋人。美女だからモテモテなんだけど、自分の不幸は全部他人のせいだと思っている。

役はともかく、イ・エリヤ好きです!綺麗で演技も◎

 

太皇太后チョ氏(パク・ウォンスク)

ヒョクの祖母で皇室で、唯一普通に善良な方。とっても可愛らしく、優しいから誰からも愛される。

 

ソ・ガンヒ(ユン・ソイ)

自分の子どもの為ならなりふり構わない。それで母性が強い女性なのかと思いきや・・・。強欲、平気で人を利用する。

 

アリ(オ・アリン)

おませで生意気、表裏のある公主。最初は、演技に『ん?』と思ったけど大人に媚びる役だったのね。韓国子役は可愛いですねー。

 

OSTが良かった

序盤、ミュージカル女優役のチャン・ナラが、美歌声を披露してくれ、それがこのドラマの救いでした。

 

それと、OSTは全体的に秀逸です!こちら主題歌、

歌手 Gaho(=ガホ) / タイトル Not over

 

私が書くのを避けた序盤のネタバレが動画にあり


[MV] 가호 - 끝이 아니길(Not over) [황후의 품격 OST Part.2 (the last empress OST Part.2)]

 

皇室の人たちが、よく物を壊してました(;'∀')!

 

ちょっと雑談 

刺激MAX、日々のスパイスには最適なドラマです。ここまでマクチャンだと、1周回って面白いかもしれません。皇室が舞台なので、ファッションが華々しく。美男達の長身にひらめくロングコートや、女性達の王室スタイル・衣装に宝石が輝いて素敵でした。

 殺人や破壊、裏切りや嘘で、超過激だけど、史劇の現代版って考えるとこんなものかな?もし韓国に皇室があったらこうなるのかー、と感慨深いですね(別に驚かないな)。

終盤、アン・ネサンがアン刑事役!で出演していて笑えました。序盤で死亡する役が多いのに

(゚Д゚)カメオ?※「姉は生きている」のメンバーが特別出演してたらしい。

チェ・ジニョク終盤に関してはネタバレになるのでコメント欄で。

 

スポンサーリンク

 

日韓関係と皇室関係

日韓関係が激化する中、呑気にブログ書いてます☺ホワイト国除外は、不正輸出を繰り返してきた韓国の身から出た錆。幼稚な感情論を展開する韓国政府(韓国民は冷静)を尻目に、私は韓ドラを観るんです。

 

韓国のニュースと「皇后の品格」を同時に見てたもんだから、頭の中でごっちゃになって。物を壊して怒鳴って暴れる皇太后側が韓国で、常識的で冷静な皇后(チャン・ナラ)側が日本に見えて仕方なく。チャン・ナラを応援=日本を応援してる感覚でした。

 

最後に

評価★4(満点は7)の通りまあまあ面白かった。好きな演技派俳優が揃っていて、

面白くなかった(★3)よりは上。お勧めではないですが、話題性はあるかもしれません。

 

皆様お待ちかね?の画像発見!王弟イ・ユン役のオ・スンユン♪この2人、役では兄弟です。

画像は、オ・スンユン&シン・ソンロク

f:id:kandsoramame:20190806202335j:plain

 出典 https://program.sbs.co.kr

特技は魔術!←

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事

www.kd-sora.com

www.kd-sora.com