韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓流・華流ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

【韓国ドラマ】ネタバレなしのラインどこまで?あり派 なし派?

 

こんにちは、そら豆です。いつもご来訪いただきありがとうございます🙇

「ネタバレなし」を謳っている韓ドラそら豆のブログ

実はレビューを書き終わるたびに

そら豆は(。-_-。)考ます。

『本当にこれは

ネタバレなしなのか?』

 ネタバレなしのラインは?

今回は、韓ドラそら豆のブログ、ネタバレの範囲を説明したいと思います。

 

そら豆ネタバレなしのライン

書かないと決めていること

犯人、ラスボス・・・あかんわな

驚く展開(=自分が驚いたこと)・・・気を付けてます

三角関係の結果・・・書きたいけど我慢

キスシーンについて・・・人の楽しみを奪ってはいけない

後半の展開・・・後半の話題はとにかく避ける、書くなら超絶ぼかす

ラスト・・・一切触れない


書いてます、許してほしいこと

序盤のあらすじ・・・どんなドラマか説明させて~

ドラマの主旨・・・これダメかな?

全体の感想・・・中盤寝ちゃったとか、後半面白かったとか

書かなきゃドラマの説明ができないこと・・・もう、許して!

・視聴後の人だけ分かる内容、マニアック情報・・・視聴後の方にも楽しんでもらいたいので

 

これで完璧なネタバレなしとは言えませんよね
(^^;ごめんね💦

例えば、未だに範囲越えたかも?と思うのは、
「私の国」 感想 本格時代劇だけど これ主役は誰なんだ?
このタイトル!「満身創痍」などの言葉でも、内容を想像できてしまうんじゃと心配しています。

まあねー(゚∀゚ )b
あそこまでヒドイとは誰も思わないでしょうけd...(アアァァァーーー)

それと、「熱血司祭」,「スイッチ~君と世界を変える」とか、「刑務所のルールブック」「一枝梅~イルジメ」みたいなドラマの感想に、
「痛快」って書くのはいいのか?と真剣に悩むんですよね。その一言で、結構いろいろ分かっちゃう気が…。それを記事には書かずココで書くっていうねー(おい豆っ)。

 

ネタバレについて、ブログ記事を書き終わって見直している時に『これ言っちゃうと面白くないかも!』と気付いてばっさり削除したり。公開してから読み直して『まずった?』と一部削除することもあります。

つまり、試行錯誤してのギリギリライン(^_^;

「そら豆ブログのせいで知りたくない情報みちゃったわ!」
キー(/ _ ; )と、スマホやパソコン・タブレットを前にショックを受けてブルブル震える手でコーヒーをこぼして「熱っつ!!」と叫んだ人がいるかもしれません。
それもう謝るしかなくて、ネタバレラインを誤ってごめんなさい。でも、熱かったのはのはコーヒーのせいです(そうきたか)。

なぜラインが必要かと言うと・・・そら豆は

ネタバレなしブログ

って宣言しちゃってますから、あやふやにすると信頼に関わりますよね。この記事で、そら豆のネタバレラインはココと言っとけば、大丈夫(のはず)。

 

韓国ドラマのネタバレあれこれ話

事前にラストが分かっちゃうドラマはどうなんだろう。

「奇皇后」なんて、タイトルとポスターでハ・ジウォンが奇皇后だって誰でも分かります。冒頭いきなり豪華衣装で登場する美女が一般人のわけがありません。でもこのドラマ、犯人は言っちゃダメですよねー。

映画のリメイクだと聞けば「ビューティー・インサイド」「王になった男」は内容察っし。知らずに見たら驚くけど…ある程度序盤の内容を知って見る方が面白いかも。

記事タイトルに悩んだのが「皇后の品格」過激な現代王宮復讐サスペンス 。ポスターやタイトルからは想像もつかない内容で。過激好きな人に観てほしいと願って付けた「過激な」。勘違いしそうな「宮(クン)~Love in palace~」とは全然違うよっ!て意味で現代王宮復讐サスペンスをタイトルに入れました。

f:id:kandsoramame:20201012174010j:image

出典 MBC公式「奇皇后」・SBS公式「皇后の品格」

 

「バガボンド/ Vagabond」はタイトルからは何も分からないけど、ポスターでどんなドラマか想像できるかな?もっと凄いけど。

 「平日午後3時の恋人たち」 「昼顔」のリメイクだから内容は・・・分かりますよね?

現在「夫婦の世界」を視聴しながら『こんなんネタバレなしで書けるわけねー』とつぶやいている…→(2020/10/23ぼかしまくって書きました)。

数少ないネタバレあり「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」「奇皇后」を1週間で全話視聴したら腰を壊しました のレビューは、後半の展開について少し書いてしまったからそう表記しました。

そら豆の記事はあらすじの前に赤字表記で記事の範囲を書いてありますので、参考にしていただけるとありがたいです。


細かい部分は『これ知っちゃうと面白くないから書かないでおこう』など、そら豆が考えた独自の範囲。そのラインが合わない方も当然いらっしゃると思います。

ファンタジーやサスペンスなどのジャンル、キャスト情報、他の人の感想感触は? 私は、3話くらい観るといろいろ知りたくなってくるし、韓国ドラマの感想を読むのが好きで。でもネタバレは見たくないというワガママさです。

自分がドラマ視聴前と視聴中に知りたいことだけを書く。これが、そら豆ブログの基準になっています。

 

そら豆のネタバレ失敗談

・書く側から・・・6年前にある韓国ドラマのレビューで。古い作品だからいいか~と思って、ネタバレなしブログと言っときながら「開かれた結末でした」と書いてしまって。
コメント欄で「私そのドラマをまだ観ていないのですが…」とやんわり注意されたことがあります。それ以降、どんなドラマだろうと、結末には一切触れないようにしています。

読む側から・・・「星から来たあなた」視聴中に、うっかり韓ドラサイトでラストを読んじゃって。わざわざ読みに行った自分が悪かったのですが。すごくハマって面白かったドラマだからこそ、今でも覚えています。

 

ネタバレあり派?なし派?

以上、そら豆はネタバレなし派でした。そこで皆さんはどうなの?と思いTwitterで事前アンケートをとりました。※ショックを受けたことがある前提の質問~

ご協力いただいた方々、ありがとうございました。

ネタバレなし派 66%

ネタバレあり派 34%

アンケートからはネタバレなし派が多く
ラストは言わない方がいいという結果がでました。

恋愛・結婚に関してはキャストやポスターで想像つくからショックまでいかないのかも?でも、犯人はやめてくださいっ!てことですね。

ところで、世間にはネタバレあり派(←34%)も多いんだ、ということを忘れてはいけません。

私のリアル友達チコちゃんにも、『安心して観たいからラストを教えてー♡この〇〇←韓ドラはハッピーエンド??』とよく聞かれます。当然チコちゃんは、ネタバレありブログが大好きです。

1ブロガーが、韓ドラファン全員を満足させる記事など書けるわけがなく。みな様がご自身の感性に合うサイトを見つけられるといいですねそら豆そら豆そら豆(刷り込むな!)

 

韓国ドラマのブログ

インターネットで韓国ドラマのブログってどれくらいあるの?

「韓国ドラマ ブログ」でYahoo!検索してみたら、

65,300,000件と出てきてビビりました(^_^;

「韓国ドラマ ブログ 感想」まで入れても、

12,300,000件です。

そのほとんどがネタバレありブログだと思ってください。

ネットの情報で韓国ドラマの感想はネタバレありが当たり前なんです。

学生の読書感想文でネタバレなしってありえないですよね。経験後の感想をネタバレなしで書くには、いろいろ意識的に省く必要があります。普通はそんなことしません。

そして需要が多いのは、ネタバレありブログ。感想とは、視聴後に書く(読む)「ネタバレを含む文章」だからです。

 

ネタバレ、どこまで許せる?

結局、ネタバレを書く?書かない?は、書く本人の自由だと思います。良い悪いという話ではなく単なる好み。読む人1人1人にどっち派?って聞いたところで覚えられないし。書いてる方は悪気なく、感想を述べているだけ。

見たくない場合は、読む側が対処するしかないと思います。

(人´∀`o)そんな対処にお困りの方は、是非ネタバレなしブログをご利用いただだき・・・・(新手の勧誘だったのか)。

 

ネタバレについて調べていたらこんな表を発見しました。

f:id:kandsoramame:20201012141554p:image

出典 ネタバレ許容度メーター

【徹底討論】漫画や映画の「ネタバレ」はどこまで許されるの? | オモコロ

このページ↑2派に分かれ激論争していて読み応えありました。面白かったです。 

この「ネタバレ許容度メーター表」からいくと、

そら豆のブログはLv.4くらいの方向き

ネタバレをここまで許していただけると良いのですが。

取り敢えず、今回の記事でネタバレなしの範囲を説明できて(私だけが)スッキリしました。

 

韓国ドラマのブログを立ち上げた理由

そら豆が韓国ドラマにハマった10年前に、韓ドラブログはあまりなく。有益な情報満載の記事は多かったのですが、求めているのはこれじゃなーいと探して。

やっと自分と感性の近いブログを発見しました。読者になって3年後、突然そのブロガーが家庭の事情によりブログ閉鎖。そら豆の今後の韓ドラ人生に関わる危機が訪れました。

同じようなブロガーがいないかネットの隅々まで探しましたが、見つからず。

そこで、『そうだ、いないのなら自分で書こう!ホトトギス』と思い至り。←(とんでもない暇人)。
これって、全国の韓ドラ好きの人たちと語れるんじゃ・・・ワクワクという思惑も湧いてきて。その後、ブログ設立→思う存分コメント欄で語り合いましたw (思惑通り)

その語り合ったYahoo!ブログ(←閉鎖された)メンバーとは今でも交流があり、当ブログコメント欄で韓ドラ談義しています。コメント欄はネタバレありなので。もしかして読みたい方がいらっしゃいましたら、ご視聴済みドラマのだけどうぞ~。

韓ドラオタクも、オタクではない方のコメントも温かいメッセージばかりでありがたいです。

 

最後に

ネタバレの範囲は人によって違う。当ブログのネタバレラインを許容できるタイミングで読んでくださると嬉しいです。

先日ヤフブロ仲間に、「そら豆ブログはネタバレなしだから視聴前に安心して読める」と言っていただき。そこを目指してきたので嬉しくて、この記事を書こうと思いつきました。

他の多くの方にも、そう思っていただけるといいなと思います。

そら豆は、Amebaブログに登録までしてYahoo!ブログ仲間のところへ語りに行っています。(ご迷惑なんじゃ…) 旧知のYahoo!ブログ、はてなブログ、Twitter、Instagramどこ行っても皆さん優しい方ばかり。私からは見えない読者様も黙々と読んでくださっている。

そんな優しい方々にできるだけご満足していただけるよう、視聴前でも安心して読めるブログを目指していきたいと思っています。

ご来訪、最後までお読みいただき、

ありがとうございました(•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾
今後ともよろしくお願い致します🙇‍♀️

 

スポンサーリンク

 

 

あわせて読みたい 

www.kd-sora.com

www.kd-sora.com