韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓流・華流ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ 「未生-ミセン-」感想 あらすじ キャスト

名だたる賞を総なめにした韓国ドラマを、やっと視聴しました(≧∇≦)/

2015年 ケーブルテレビ放送大賞 大賞

 プロデューサー部門 キム・ウォンソク

 俳優部門スター賞  イム・シワン、カン・ハヌル

コリアドラマアワード2015 作品賞

 優秀演技賞(男優部門) キム・デミョン 

東京ドラマ アウォード2015 海外 作品特別賞

2014年 コンテンツパワー指数 第2位(1位は「星から来たあなた」)

第51回 百想芸術大賞

 TV演出賞  キム・ウォンソク

 最優秀演技賞 イ・ソンミン 新人演技賞  イム・シワン

 

どんだけ受賞してんねんっ!

と突っ込みたくなるけど、秀逸な作品に与えられる名誉

ミセンはやっぱり素晴らしかった!

f:id:kandsoramame:20190824134229j:plain

出典 韓国サイト program.tving

「未生-ミセン-」(全20話)

★★★★★★★ 星7つ満点

韓国放送 2014年 10月~12月  

韓国語表記 미생 (原作 웹톤) 

※2019/08/24 記事加筆修正しました

 

  スポンサーリンク  

 

ネタバレなし

あらすじ

6歳から始めた囲碁で天才棋士と呼ばれたチャン・グレ(イム・シワン)。26歳にして、プロ棋士になるのを挫折。母親のコネで、総合貿易商社 ワン・インターナショナルにインターンとして入社する。

最終学歴・高卒認定 / 職歴・なし / コネ入社

外国からの電話どころか、コピーの取り方さえろくに知らない彼を大卒の同期達は見下し、上司は無能扱い。

グレにあるのは、棋士で鍛えた記憶力と集中力、一歩先を読む洞察力のみ。今まで人生をサボってきた現実に直面し、天性の素直さで努力を重ねる。 

営業3チーム課長  オ・サンシク(イ・ソンミン)

営業3チーム代理 キム・ドンシク(キム・デミョン)

情のある二人の上司に恵まれ、グレは徐々に能力を開花させていく。

 

ある日、インターン任意のペアで行うプレゼンが、入社試験の課題として出題された。

グレは、外国語堪能な才媛アン・ヨンイ(カン・ソラ)と組みたい。

優秀なチャン・ベッキ (カン・ハヌル) は余裕で合格しそう。

そんな中、同期でも変わり者のハン・ソクユル(ピョン・ヨハン)が、チャン・グレと組みたいとやって来る。

(2015.そら豆)

 

感想

あちこちで絶賛されるだけあって、臨場感と現実味のある素晴らしいドラマです。

韓ドラあるあるナシ(←最近の韓ドラの流行?)、愛憎・復讐なし

ラブなし、音楽まあまあ。イケメン率だけは高し!

ストーリーが骨太・・・でもなく(^_^;)

 

ただ、観出したら誰もがサクサク最後まで観ちゃうだろうな~というドラマ。

この内容で星7満点。

つまり、脚本・演出・キャスト達が、最高ってことです。

 

脚本

原作は韓国の人気ウェブ漫画。ストーリーやセリフは少し変えてありますが、キャラクターは忠実に再現されています。(↓こんな感じ)

f:id:kandsoramame:20190823003910j:plain

出典 https://m.blog.naver.com

 

商社サラリーマンの日常がリアルに描かれていて。

社員は、英語・中国語・ドイツ後・日本語などの語学堪能で当たり前という、ハイレベルなオフィスを疑似体験できました(現実では無縁!)。

セクハラ、パワハラ、マタ(ニティー)ハラ、モラ(ル)ハラ。会社内の政治と派閥、理不尽な命令。会社なら、ま、あるよねーって出来事を、さらりと見せてくれます。

ただ、所々このエピソード無駄じゃないけど必要?と思う箇所がありました。

きっと原作にあって削れなかったんだと思います。漫画だと思えば納得ですが、その分20話は長く感じました。

 

演出

監督が、「トキメキ☆成均館スキャンダル」「シグナル」の演出家のキム・ウォンソク。常に細部にこだわって最高の作品を仕上げます。

「未生」も、監督自らすべての俳優を直接オーディションしてキャスティング。その成果で、キャラと俳優さんがぴたっと合致していました。


『ドラマに入り込んだ』という表現を聞くことがありますが、「未生」視聴中、私は商社のオフィスに入り込んでました。

彼らと共に、喜び、笑い、悲しみ、悔しがっているのに。

彼らからは私が見えてません。それが不思議で。(おいっ!)

共感どころか、一体感を覚えましたよ。

 

音楽

あっさり、と言うか少ないです。

エンディング曲も、サラリーマンのテーマみたいで、女性にはちょっと。

その代わり、オフィスの何気ない音が効果音の役割を果たしていました。

電話の音、キーボードの操作音、コピー用紙をめくる音、そして、靴音。

音楽がないからこそ際立ち、登場人物の心情が音で巧みに表現されています。

 

キャスト

チャン・グレ役 イム・シワン

彼は「太陽を抱く月」 で後光が射していた子役ホ・ヨム役の美青年。グレは低姿勢なので、背が低いイム・シワンはこのキャラにピッタリ。オロオロしたり、落ち込んだりの、可愛い新入社員。

お膳立てされたヒーローものでもないから、彼がどうなるのか心配で、応援せずにはいられませんでした。それでいて韓ドラ特有のマザコンではなく、自ら考えて、答えを得る姿勢が新鮮で、好感度も上がりました。
 

チャン・ベッキ役 カン・ハヌル

エリート人生を歩んできたからプライドが高い、イ・ソンジュン(成均館)みたいな完璧男子。社会に揉まれる優秀な眼鏡イケメン。うん、良い設定だわ!

グレの優秀な同期。

アン・ヨンイ役 カン・ソラ

デキるけど嫌味のない女性を完璧に演じています。

ヨンイは一体何ヶ国語喋れるの?ってくらい語学が堪能な才色兼備。

インターンの中で、ただ一人の女性で首席。問題を抱えています。

ハン・ソクユル役 ピョン・ヨハン

彼が私は一番好きでした(*´∀`*)

現代版ク・ヨンハ(成均館)みたいで、お調子者の情報通。時々やりすぎるけど、誰に対してもバリアフリーな目を持っています。演技もお上手でイケメンなのに初見~。この人は何者なの?

2人の上司

オ・サンシク役 イ・ソンミン

キム・ドンシク役 キム・デミョン

 

f:id:kandsoramame:20190823002405j:plain

出典 https://brunch.co.kr

屋上の牛乳シーン、営業3課での喜びシーン、とても良かった屋上のシーンは全て意味があり、好きなシーンばかり。お二人の名脇役、名演技あっての「未生」です。

特に、キム・デミョンさんの自然で優しい雰囲気には癒され。「専務」とサンシクとの関係もどうなるのか、最後まで気になったし。

 

最後に

自然な演技で、本当に商社の社員にしか見えないくらい全員がハマり役でした。

全体的に従来の韓国ドラマよりは地味だし、淡々としていますが重くはなく。恋心も、目線や言葉の端々で『好きなのかな?』と思うくらいほんのり。それなのに見応えのある作品です。

非正規雇用・社内派閥・出世競争、等々。韓国の現実を垣間見たし、問題になることが日本と同じ(それ以上)みたいでした。

 

最初☆を一つ減らし星6つにしていたのは、自分の音楽の好みと合わなかったのと、終盤ちょっと・・・?、と思うところがあったからです。

しかし、視聴後何年経っても色褪せずに記憶に残るドラマで。思い直して、満点に修正しました(2018.6.4)。

 

韓ドラにがっつりオフィスものって珍しいですよね。

 

韓ドラあるある・愛憎・復讐・恋愛一切なく、音楽はまあまあ・・・?

だったら、日本のドラマと同じやーん( ̄◇ ̄;)

たまにはこういうのも良いですが、やっぱり私はラブも入ったザ・韓ドラが好きです。

韓ドラはオフィスものも、本気で高度なのが凄いですけどね。

 

関連記事

イム・シワン出演作品

www.kd-sora.com

 

カン・ハヌル出演作品 

www.kd-sora.com

 

スポンサーリンク