韓ドラ そら豆のブログ

韓国ドラマ ブログ / 視聴済み韓国ドラマの感想 あらすじ 評価(星7つ満点) ほぼネタバレなしでご紹介します

韓国ドラマ 「ヒーローではないけれど」 感想・レビュー  ヘタレな超能力 ファミリー

チャン・ギヨン 除隊後 復帰作! 不眠症で予知夢が見れない母、太って飛べない姉、うつ病で過去へいけなくなった男の超能力ファミリー!?そんな家族に結婚詐欺師の女がちかづいて・・・

f:id:kandsoramame:20240612081241j:image

出典  JTBC 「ヒーローではないけれど」 ポスター

演出 チョ・ヒョンタク親愛なる者へ」「君を守る恋イニョプの道」「魔女宝鑑」「SKYキャッスル」「スノードロップ
脚本 チュ・ファミ おかえり」「内省的なボス」「恋愛じゃなくて結婚」「恋愛を期待して
クリエーター  カン・ウンギョン  「製パン王キム・タック」「九家の書」「家族なのにどうして?」「浪漫ドクターキム・サブ3 1.2.」「輝く星のターミナル」「京城クリーチャー

ヒーローではないけれど (全12話)

★★★★★☆☆  星5つ

韓国放送 2024年5~6月 JTBC

韓国語表記 히어로는 아닙니다만

英語表記 Although I Am Not a Hero

視聴方法 Netflix

 

スポンサーリンク 

 

 

前半のネタバレありあり

あらすじ

不眠症がひどく予知夢が見れない老母と、太って飛べない姉。そんな超能力家族をもつ 一女の父親 ポク・ギジュ(チャン・ギヨン)も うつ病で過去へ行く能力をうしなった。

ある日、ト・ダヘ(チョン・ウヒ)が海でギジュを助け。不眠症の母親も、セラピストのダヘと一緒にいるだけで眠れると気づき 彼女を家へ招待する。

しかし、ダヘは詐欺家族の一味だった。

(2024.そら豆)

 

感想

序盤はハマれずのらりのらりと苦戦したけど、今までにない変わったストーリーで 最後まで観れば 面白くて いいドラマでした。

超能力者は選ばれし存在で人を救うヒーロー!というイメージを一新。肥満にうつ病に不眠症、こんな超能力者はイヤだリストw

やっぱりエスパーといえば「あなたが眠っている間に」とか「ムービング」じゃない?そういうかっこいいやつではなく。働かない俗物で現代病という、超能力だけを頼りに生きていた 崩壊寸前 ヘタレ一家。

そこをわかって観るかどうかで評価が変わるかも。そんなわけで、つまらない〜普通〜激ハマりまで、賛否両論ドラマです。

私も見はじめてすぐ『チャンギヨンが暗い・・・』とリタイアしかけて。これはみなさんの感想はどうかな と、SNSの評判を読んで回りました。

SNSの評判でわかったこと

  • オモニのチリチリ頭はなおらない
  • 姉の肥満はなかなか解消されない
  • ギジュ(の髪型)は一向にかっこよくならない
  • 娘は暗い

良い評価も多いです

  • 私の開放日誌」エスパー版
  • 韓ドラ今年一のヒューマンドラマ
  • 最後まで 演出がいい

(-Ò。Ó-)なるほど!
みんなの意見をまとめると、

カッコよさには期待せず 詐欺女が超能力一家を 解放する話に集中しよう!ってことね。←今作は これくらいの情報を知って観たほうが愉しめました。励ましてくださったフォロワー様コマウォ

ヘタに異能があるギジュ(演・チャン・ギヨン)は、自分を許せず 過去へもどれる希望に押しつぶされている(陰気くさい役)。

下心があって彼に近づくダヘ(演・チョン・ウヒ)は、この悩める一家が異能をとりもどしていく過程にかかわるけど…やましい、なんせ詐欺師だもの。

ギジュ『現実逃避してごめん』
ダヘ『ダマしてごめん』

と、自堕落な男女が自責する。

最初 キャストの表情が暗くて見てられないんだけど、この2人の善良な心がだんだん物語の救いになっていきます。

それにしてもチャン・ギヨンキツネ役から3年後 女ギツネにだまされる役とは🦊※参照 九尾の狐とキケンな同居」,

それに当時あんなに不評だった鬼太郎ヘアをまたやるかっ😂 ※参照ボーンアゲイン~運命のトライアングル~

劇中ずーっとボサボサ頭だし、ヘアメイクさんクシでとかしてあげてよ〰︎などなど、私は言いたいことを抑えつつ(ここに書いて解消)。「ヒーローではないけれど」 には決してビジュアルを求めてはいけないと気づいた🙋🏻‍♀️

内容はなかなか深くて。

ストーリーは平坦に見えますが。登場人物 一人一人の心が確実に成長していきます。それと共に、彼らに備わっている能力の用途が ダヘと出会う前とはちがってくる。

能力は、自分のため・他人のため・誰かをダマすため=詐欺に使うのか、優劣より使いかたが大事。

なにも 大勢を救うヒーローにならなくてもいい、でも 身近な人を助けるタイミング は逃さないで、という話でした。
ほんとそう🙄

ニート?チャン・ギヨンの役柄にあまり魅力がなく、お金持ちとは言えど オンマの稼ぎかたがあからさまで笑える。特殊能力者は他人を救うべきという固定概念をとっぱらったよね。

それに、過去・現在・未来 を悲観してないで、柔軟に見かた(受け止めかた)を変えてみては?と示唆する内容なのも良かったです。

 

能力設定について

主人公 ギジュの能力、タイムスリップのルールは ブレることなくきちんと筋に納められています。

ポク・ギジュ(演・チャン・ギヨン)

  1. 幸せを感じる過去へ 物体移動できる
  2. 過去/モノクローム 原則人や事象には関われない 相手から見えない
  3. 過去/色彩がついた人や物だけ限定的に関われる
  4. 過去/関わった人の記憶に残る
  5. 現在の品物Aを過去へもちこめる(品物Aはギジュが持ち出す未来まで、過去の品物A'と同時に存在できる)

f:id:kandsoramame:20240616095225j:image

出典  JTBC 「ヒーローではないけれど」 

ギジュ現在の起点と、タイムスリップした過去の着点の時系列が変化するのが ややこしや。韓国ドラマ「明日キミと」の人助けタイムトラベラーに近い🙄

なんでトダヘだけ?は『運命の人だから』。

“超能力は現代病で失われる”というコンセプトも面白いですね。

 

OST

渋い。ドラマに合っててイイ。

美しく怪しげな曲が多かった。
心の“かげり” を表現しているメロディ🎵

ネタバレあり ※この動画は3′52

youtu.be 소수빈 - 너와 걷는 계절 (히어로는 아닙니다만 OST) [Music Video]

 

キャスト

※青が演じた役者で年齢はドラマ公開当時

主要キャスト

ポク・ギジュ

幸せだった過去へいく能力→うつ病で毎日が不幸

チャン・ギヨン 年齢31歳、身長187㎝
久しぶりにイケボを聞けた、彼はこういう暗い役に惹かれるのかな。短髪でキメた彼のラブコメを期待していたのに裏切るよね〜〜好きだから見るけどさ。見ればやっぱりスキーってなった♡⃛

出演作品 「カノジョは嘘を愛しすぎてる」「ゴーバック夫婦マイ・ディア・ミスター」「ここに来て抱きしめてソムナム」「恋愛ワードを入力してください」「キルイット」「ボーンアゲイン九尾の狐とキケンな同居」「今別れの途中です」流れ星

f:id:kandsoramame:20240612081937j:image

出典  JTBC 「ヒーローではないけれど」 人物紹介など

ポク・ギジュの家族

母親 ポク・マヌム ↖︎ (コ・ドゥシム)・・・予知夢を見る能力→不眠症😳

父親 オム・スング ↑ (オ・マンソク)・・・無能者、主夫

ポク・ドンヒ ↗︎ (キム・スヒョン)・・・飛行能力→肥満で飛べない🐷

ポク・イナ ↗︎ (パク・ソイ)・・・中学生👓

 

ト・ダヘ

スパで働くセラピスト、詐欺師、バツ2

チョン・ウヒ 年齢37歳、身長160
詐欺師役とはいえ「The 8 Show」よりはいい役、状況に合った表情を作るのがうまい。時々舌足らずになる話しかたがクセになる。

出演作品 「抜群な女」「アルゴン」「恋愛体質」「有益な詐欺」「The 8 Show(8階の女!)」 / 映画 「サニー 永遠の仲間たち」「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」「笛を吹く男」

f:id:kandsoramame:20240616161654j:image

出典  JTBC 「ヒーローではないけれど」 現場画像と人物紹介

ト・ダヘの仲間 宮殿サウナ詐欺 一家

母親 ペク・イロン ↖︎ (キム・グムスン)・・・詐欺リーダー、前科あり このやさぐれ具合に中毒性?

グレース ↑ (リュ・アベル)・・・ジムのトレーナー

叔父 ノ・ヒョンテ ↗︎ (チェ・グァンロク)・・・サウナの従業員

 

その他のキャスト

チョ・ジハン(チェ・スンユン)・・・ドンヒの恋人、美容外科医院長

ハン・ジュヌ(ムン・ウジン)・・・イナのクラス男子生徒

コ・ヘリン(キム・スイン)・・・イナのクラス女子生徒

チョン隊長(パク・ジョンピョ)・・・ギジュの消防士時代先輩

イ・セヨン(チョン・ミナ)・・・ギジュの亡妻、イナの母

 

キャストの感想

チャン・ギヨンが父親の役とはいっても、ちゃんと親としての役割を果たせないジレンマがこれまた暗く。とにかく似合わない髪型を何とかしてほしかった。ただ、彼 独特の雰囲気がいいのです。

母役コ・ドゥシム出演してくれてありがとう!チョン・ウヒ など、キャストが 声フェチの私が好きなイケボ タイプばかり。

娘ポク・イナ役のパク・ソイ&クラスメイト役ムン・ウジンのケミがかわいくて ずっと見ていたいくらい好き♡ ウジンはすでにイケメン顔ね。

ぽっちゃり姉ドンヒ V S 詐欺師姉グレースのやりとりはお笑いコンビ かなw 

へんてこな母親2人に気弱な父と叔父。

楽して稼ぐセコイ考えかたといい、

なんだかんだ似たような2家族。

 

最後に

待ちわびたチャン・ギヨンのドラマなので寝落ちはせず、妙にハマって後半泣いたりした。両家、個性的なキャラクターがいいのよね。

★5 面白かった

異能家族の崩壊から、自分を取りもどしていく再生過程が まったりと描かれています。

今を生きる

って大事だな、と再確認。

以前にも書いたけど、私は『今を生きる』って過去も未来も考えない時間のことだと思う。※参照 「ただ愛する仲

過去を生きてばかりのギジュを見ながら娘イナは成長していた。親が自分のことで必死なんだ、仕方あるまい。 どんな言葉や表情をしていようとも、子どもが親の心をのぞいたら そこには愛と心配しかないんだけどねー。

韓国ドラマの普通くらいのドラマで、特別おすすめでもないけど。今を生きられず 過去と未来のことを考えすぎてしまう人には、ガツンとくる内容だと思います。

私は 完走してから、あぁこのドラマ観てよかったなーと思いました。

 

参考文献  
namu.wiki/w/히어로는%20아닙니다만
namu.wiki/w/히어로는%20아닙니다만/등장인물
tv.jtbc.co.kr/theatypicalfamily

 

スポンサーリンク

 

 

あわせて読みたい