韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓流・華流ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

韓国ドラマ「トップスター・ユベク」感想 冷えた心を溶かす島

通信を遮断された小さな島で謹慎するトップスター

陸・海のスター2人が 島の素朴な女性に夢中になる!?

濃厚な三角関係をコメディタッチで描いた温かい作品

 

f:id:kandsoramame:20200308132303j:image

出典 https://mnews.joins.com

演出 ユ・ハクチャン「恋のスケッチ~応答せよ1988~」「私の耳にキャンディ」
脚本 イ・ソジョン「明日に向かってハイキック」、イ・シウン

トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~(全11話)

★★★★★☆☆ 星5つ

韓国放送 2018年11月〜2019年1月 tvN

韓国語表示 톱스타 유백이

 

スポンサーリンク

 

 

ネタバレなし

あらすじ

K-POP“シリウス”のリーダーで俳優のユベク(キム・ジソク)は、自他共に認めるトップスター。鍛え抜かれた肉体美を活かしアクションもお手の物。「ユベクのライバルはユベクのみ!」と豪語するナルシストの極みだった。

そんな華々しい活躍、傲慢[ゴウマン]な態度とは裏腹に。過去のトラウマから病的なまでに猜疑心[サイギシン]が強く不眠症。そんなユベクが授賞式で暴言を吐きネット炎上、世間からバッシングを浴びる。

 

危機を感じた芸能事務所の代表は、マネージャーの故郷ヨジュク島へユベク島流し 避難させる。ホテルなどもないヨジュク島での宿泊所は、祖母と暮らすオ・ガンスン(チョン・ソミン)の家。

通信電波未開の島民にかかれば、トップスターも形無し。彼を知る人がいない集落でイバっても仕方なく。大自然や、天真爛漫[テンシンランマン]な明るいガンスンに癒やされ。ユベクはすぐに島で本来の自分を取り戻していく。

ところが、ガンスンが“オッパ(=お兄さん)”と呼ぶ海上のスターチェ・マドル(イ・サンヨプ)が10年ぶりに島へ帰ってきた。マドルガンスンに求婚しようと婚約指輪を準備しての帰島だった。

 

ガンスンを幼少期から独占していたマドルは、イケメンスターユベクが彼女の家で同居していると知り不安になる。

ガンスンに惹かれていたユベクも、島民のスターで船長マドルの登場に危機感を抱き、彼女の心をつかもうと躍起になるのだが…。

 

感想

可愛いアラサーのラブコメディ(≧▽≦)!

コメディ度の高い作品で。男2人×女1人の三角関係。3人の恋はどうなるんだろう…と先を知りたくサクサク視聴しました。

ドラマの舞台となるヨジュク島は、島民わずか50~60人。海女[アマ]や畑仕事などの自給自足で生計を立てる島独特の地味な生活スタイル。ヒロインのガンスンも、よく海でアワビやタコなどを獲っているのが興味深かったです。

Wi-Fiどころか携帯電話も圏外、テレビもない野暮ったい暮らしの中、30歳前の男女が高校生のようなピュアな恋愛を狭い空間で繰り広げ。つまり、オシャレな環境の韓ドラではありません。 

そこにキム・ジソク、イ・サンヨプ、チョン・ソミンという豪華なキャスト。私も好きな面々でとにかく彼らの演技に引き込まれました。キム・ジソクが出演するドラマはどれも見応えがありますねー。

 

この3人が島の自然に溶け込むように生活するのがリアルで、『三食ごはん』のドラマ版みたい。その食事風景の映し方も、景色より力が入っています。

新鮮な魚介類をふんだんに使った海鮮チゲ鍋、自家製野菜のナムルやビビンバ、採れたて野菜で作ったチヂミなどの料理が山のように提供され。島の娯楽は料理だけなのもあり、「島民はイイもの食べてるなー」とお腹が鳴りました。

 

都会の喧騒[ケンソウ]に疲れた人が視聴すれば、ユベクと共に癒されるドラマです。

文明から隔離された小島はのんびり平和で。現代なのに古めかしい生活や、島に住む人1人1人が何をしてもコメディになり笑いを呼びます。

ユベクの心の傷が自然治癒されていくにつれ、私もホッと心休まる気がしました。

 

ところで、芸能人に出会えば「(゚∀゚)キャー」となるものですが。

「(゚∀゚)キャー」と言う人がいない場所ではスターもただの人。芸能人がよく「ファンに支えられて」と言うのはお世辞などではなく真実で。ファンがいなかったらユベクもスターじゃなくなるんだな・・・と思いました。

ヨジュク島へ行けばどんな有名人でも「あんた誰?」。

ユベクの名前も知らない島民は、彼を「トップスターさん」と呼んでいました(それ名前じゃない)。

 

このドラマは意外と長い

『なんだ、全11話なんて3日間もかからず楽勝だぜぃっ』←(注意:そら豆はフルタイムで働く主婦) と高をくくっていましたが、いざ観始めると長い・・・。

よく見ると( ゚Д゚)1話80分~90分もある!!×11話。

BS放送は全18話、動画配信では全20話と分断され。

韓国ドラマの全11話をなめてはいけない…と反省しました。

長いけど中だるみとかはなく、全話たっぷりコメディを楽しめます。

 

ヨジュク島の通信網について

ほぼ全話この島が舞台です。

Q.通信設備がないなら、本土と何で連絡を取り合うのでしょうか?

 

A.電話 2台 ・・・村長宅と学校内医務室

※ちなみに小学校生徒1人、この少年が一番まともだった。

 

村長の朝の日課、村内放送でニュースをお知らせ。

 「トップスターが島に来ます」とかw

SNSなどの通信網はないくせに、噂は電光石火のように全島民に広まるのには驚きです。デマも多く、それを訂正するのが大変。平和だけど前時代的な印象を受けました。

 

キャスト 

 ※年齢は2020年現在

ユベク役 キム・ジソク

授賞式常連のトップスター俳優、“シリウス”のリーダー。謙遜、謙虚という文字は彼の辞書にはなく、うぬぼれの強い傲慢男・・・なんだけど、ガラスのハートに苦しみを抱かえている。赤いスポーツカーと洒落たマンションを持っていて韓流スターとしての栄華を極めた成功者。

身長182㎝、年齢38歳

思う存分キム・ジソクを堪能できたドラマでした。時々肉体美も披露し、彼は均整の取れた大胸筋とバキバキの腹筋が綺麗です(ここは熱心に語るよね)。 

最初と最後では印象が違い、コミカルな演技が上手くて、

( ̄m ̄〃)ぷぷっ!と何度も吹き出しました。

出演作品「2度目のファーストラブ~20世紀少年少女」「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」


オ・ガンスン役 チョン・ソミン

ヨジュク島の海女、オ(モ?)ガネ商店の店主。両親は幼い頃に海で行方不明になり、祖母と2人暮らし。明るく可愛いのだが、島で育ったためファッションセンスが個性的。心根は優しい女性。

身長165cm、年齢30歳

「1%の奇跡~運命を変える恋~」のヒロインです。それだけでテンション上がりますが、あの役とは全然違って田舎者の役なんだけど可愛かった~♪

出演作品「1%の奇跡~運命を変える恋~」「明日もスンリ」

 
チェ・マドル役 イ・サンヨプ

幼い頃からお兄ちゃんとしてガンスンを見守ってきたが、告白の機会を伺っている。最年少船長で年俸も高いけどお金持ち感はない。島では彼がトップスターで、唯一家に電話がある家の村長の息子。

身長182cm、年齢36歳

最初のジャック・スパロウみたいな髪型には笑いましたが、ドラマでは普通にイケメン。今までクセのある役が多かったけど、このドラマには曲者がいないから安心して見れました。私は彼の声が好きです。

出演作品「あなたが眠っている間に」「ドクターズ~恋する気持ち」「平日午後3時の恋人」

 

f:id:kandsoramame:20200308133912j:image

出典 https://m.news1.kr

 

※以下画像なし 

ナムジョ役 ホ・ジョンミン

ユベクの友人で、シリウスメンバー。

彼はいつも三枚目役ですよね(* ´艸`)

出演作品「ビューティー・インサイド」「100日の郎君様」「ゴーバック夫婦

 

ソ・イル役 チョ・ヒボン

ユベクの父親の友人で所属事務所の代表。

名脇役で、もはやチョ・ヒボンを見ただけで笑える。

 

パク・グクソプ役 チョン・ウンピョ

ユベクのマネージャー ドンチュンの父親で、ヨジュク島の住人。妻とは島一番のおしどり夫婦。

チョン・ウンピョが出てるのか!とこれもテンション上がりました。

 

 ア・ソラ役 イ・アヒョン

面白い島の住人たちが「面白い人だ」と言う女医さん。

そら豆はこんな医者に看てもらうのは嫌だ。

 

最後に 

冷えた心を溶かす島

島独特の温度感があり、冷えた心をも溶かすようなぬくもりのあるストーリー。島ではお金持ち・貧乏など優劣の概念がなく。悪人不在のほっこりする優しいドラマでした。

 

弱い犬ほどよく吠えるユベク

序盤で、ユベクが他人を威嚇し強く虚勢を張っているのは、自分の傷ついた心を守ろうとしているからで。本来の彼は弱く、痛ましく見えました。その分オ・ガンスン(チョン・ソミン)の存在が救いとなります。

 

 ただ、私はもう少し刺激のあるドラマが好きなので、★5面白かった。

2度目のファーストラブ~20世紀少年少女」「野獣の美女コンシム」「契約主夫殿オ・ジャクトゥ」などの、素朴な優しいドラマが好きな方には大オススメです。

 

スポンサーリンク

 

 

他の記事もどうぞ

www.kd-sora.com

www.kd-sora.com

www.kd-sora.com

www.kd-sora.com