韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

dy

中国ドラマ「永遠の桃花」感想 神界ラブファンタジーに心酔

中国ドラマも大好きなそら豆です(韓ドラそら豆のくせに)。

 

このドラマをdTV見放題にリクエストし続け、

やっと配信されました。

私のしつこいリクエストの!

お陰( ̄▽ ̄)ですからね!!(放置しましょう)

三生三世十里桃花が、

キタ━━ヽ(゚ω゚)ノ━━!! キタ-----(゚∀゚)-----(←うるさい)

f:id:kandsoramame:20191007202540j:image

出典 https://www.last.fm/music

演出  リン・ユーフェン 「酔麗花~エターナル・ラブ~」

「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、 永遠の誓い~」

脚本  ホン・フゥオ

原作 唐七公子「三生三世十里桃花」2009年

 

永遠の桃花~三生三世~(全58話)

読み方えいえんのとうか~さんせいさんせい

★★★★★★☆ 星6つ

 

中国放送  2017年1月30日~2017年3月1日

放送局   浙江衛視、東方衛視原題

中国語表記 三生三世十里桃花电视剧 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ネタバレなし

あらすじ

父神[フシン]が統治していた天界が混沌[コントン]におちいり。

10万年後、天族・九尾狐[キュウビコ]族・翼[ヨク]族・鳳[ホウ]族など、

さまざまな神族に分岐、各王が統治するように。

 

九尾狐[キュウビコ]族の、青丘[セイキュウ]に住む狐帝[コテイ]は4男1女子をもうけ。

末姫は美女白浅[ハクセン]だが、両親も手を焼くじゃじゃ馬だった。

両親の友人である上神折顔[セツガン]にしつけを頼んだのだが…。

 

折顔は、白浅に男装をさせ、司音[シイン]と名乗らせ。

天族の聖地、崑崙虚[コンロンキョ]へ連れて行く。

白浅[ハクセン]は、そこの師匠で武神の墨淵[ボクエン]から

神器の玉清崑崙扇[ギョクセイコンロンセン]を授けられ、

彼の元で17番目の弟子として修業することに。


それから2万年後、天族と翼族が開戦。

翼族の第二皇子離鏡[リケイ]と、青丘出身玄女[ゲンジョ]の関わりで、

翼族の王擎蒼[ケイソウ]を封印する際、墨淵[ボクエン]が犠牲になる。

司音は師匠の死を受け入れられず、青丘で亡骸を守り7万年が過ぎた。

 

封印から抜け出そうとした擎蒼を封印した白浅は、

擎蒼の力で人間界へ堕とされる。

人間界で白浅は、墨淵と瓜二つの夜華[ヤカ]という青年と出会う。

彼から素素[ソソ]と名付けられた白浅は、彼と恋に落ちる。

 

感想

神界で展開されるラブファンタジーです。

面白く夢中になり、私は6日間で観終わりました。

ヒロインの相手役は誰なの!?ってくらい

序盤から白浅の周りには、見目麗しい美男神が何人も出てきて。

まあ、つまり、楽しめます(〃艸〃)フフ

神界ものには人間離れした美貌の俳優が出演するもの。

そら豆神様大好きです!(誤解されるぞ(^^;)

 

幾重にも重なったシフォンがふわりと流れる仙女の衣装は、

溜息が出るくらいしなやかで美しく(*゚0゚)ハー。

美男神たちの黒カッコイイ甲冑[カッチュウ]の逞しい動作や、

白く長い袖をさばく雅な手つきにも( *´艸`)ウットリ

それに加え、キャストの優雅な所作で気品を醸す演技。

その神々しさに震えました(神様だもの)。

 

特に恋愛シーンは、うっとり悶絶もの。

ストーリーがロマンチックの極み。

ラブシーンを見て心酔するあまり、

その日はポケモンGOをするのを忘れたくらいです!

 

ところで、出てくる神獣が

途中から全部ポケモンに見えてきたのは、

私だけでしょうか(うん-_-)。

  

キャスト

ヤン・ミ-が演じた白浅[ハクセン](=司音[シイン]=素素[ソソ])

1人3役ですが、それぞれ表情が違い別人みたいでした。

特に、女帝白浅の堂々とした物腰、優雅な動きには目を見張ります。

最初は男装の司音ですが、男っぽく演じる中で恋を知るのも初々しかった。

 

ヤン・ミーは、中国新4大若手女優に入っています。

ちなみにその4人の女優は…。

1.アンジェラベイビー、2.ヤン・ミー、

3.リウ・シーシー、4.ニー・ニー

ヤン・ミーは演技上手いし可愛いし綺麗だし最高なヒロインでした。

出演作品「古剣奇譚〜久遠の愛〜」「宮パレス~時をかける宮女~」 

f:id:kandsoramame:20191007203022j:image

出典 https://hiveminer.com

 

マーク・チャオが演じた墨淵[ボクエン]と夜華[ヤカ]

1人2役の演じ分けが上手すぎです。

墨淵[ボクエン]は、ヒゲがあるキム・ナムギルみたいな。

師匠らしく威厳と品格がある人徳者。

 

夜華[ヤカ]は、落ち着いた物腰に若い艶っぽさや色気があって。

こちらの雰囲気はヤン・セジョン。

恋愛シーンはリピートしたくらい素敵でした(あのシーンね)。

動きがゆったりしているのに全然イラっとしない。

彼の気品に満ちた動き1つ見逃すまいと必死で集中視聴しました。


初ドラマの出演で最優秀男優賞を獲得したほどの実力派俳優だけあり、

流石、中国にはこんな演技上手い人がいるのねーと感心しましたよ。

出演作品「ブラック&ホワイト」「ハーバー・クライシス 都市壊滅」

f:id:kandsoramame:20191007203032j:image

出典 https://www.dandan007.com

 

チャン・ビンビンが演じた翼族の第二皇子 離鏡[リケイ]

翼族は変なメイクに黒装束?なんだけど、

彼はそれすら着こなすめっちゃ美形!切ない表情にグサグサきます。

(美形に弱いだけでは・・・)

出演作品「シンデレラはオンライン中!」「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」

 

ディリラバが演じた鳳尾九[ホウビキュウ]

白浅の姪で、九尾狐[キュウビコ]とは韓ドラで言うと、

あの9本の尻尾を持つ神狐クミホです。

 

容貌はハーフで、彼女こそ絶世の美女でした。

第二のヒロインで、恋愛もあり。

出演作品「逆転のシンデレラ~彼女はキレイだった~」「麗姫と始皇帝~月下の誓い~」

 

ガオ・ウェイグァンが演じた東華帝君[トウカテイクン]

石から生まれた白髪の無表情男神。

彼も驚く美形ですが若くはないかな?

出演作品「私のキライな翻訳官」「古剣奇譚〜久遠の愛〜」

 

ケン・チャンが演じた折顔上神[セツガンジョウシン]

いつも飄々[ヒョウヒョウ]と現れて、皆の指南役。

呑気にお酒作ってますが、医術は天下一。

出演作品「古剣奇譚~久遠の愛~」

 

他にも、

白真兄上を演じたアラン・ユー 「太子妃 狂想曲<ラプソディ>」
レン・イーミン 「1メートルの光」など、

美男美女が勢揃いです。

f:id:kandsoramame:20191007202218j:image

出典 https://m.xiazaizhijia.com

左から 夜華、白浅、白鳳九、折顔、東華帝君、素錦

 

相関図発見しました

SPOドラマ倶楽部さんで丁寧な相関図を見つけました。

この相関図には少々ネタバレがあります。

f:id:kandsoramame:20191013083222j:plain

出典 http://www.cinemart.co.jp/dc/ SPOドラマ倶楽部

これがないと序盤から混乱するかも??

私は漢字だらけの自作相関図を作りましたが(←趣味)

 

スポンサーリンク

 

他の華流ドラマについて

私が今までに視聴した華流ドラマです。

面白かった順に並べるとこうなる。

 

★7

「 宮廷女官 若曦[ジャクギ] 」 - 韓ドラ そら豆のブログ

「琅琊榜[ロウヤボウ]ー麒麟[キリン]の才子、風雲起こすー」

「宮廷の諍い女」 - 韓ドラ そら豆のブログ

「お昼12時のシンデレラ」

★6

「永遠の桃花~三生三世~」

「風中の縁」

「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」

★5

「 花千骨~舞い散る運命、 永遠の誓い~」

「王女未央ーBIOU-」

「皇貴妃の宮廷」

★4

「蘭陵王」 - 韓ドラ そら豆のブログ

「星に誓う恋」

「美男ですね~Fabulous★Boys」

 他にもありますが、古いのや面白くないのは省きました。

視聴本数は少なくても、内容が濃く記憶に残っています。

 

「琅琊榜」は登場人物が100人くらい出てきます(漢字名)。

宮廷の権謀術数を緻密に計算した脚本には脱帽でした。

複雑なストーリー程、深くハマる人が続出するというアレです。

 

「蘭陵王」は簡単なラブコメで凄く面白いのですが。

私の「蘭陵王」記事を読んでいただくと、

この評価に、ご賛同いただけるかも?

 

華流ドラマには中毒性があり、

観出したら生活に支障が出るくらい止まらず面白いです。

どれもこれも、私は一気見しました。

韓国史劇がお好きな方なら、華流も相当嵌られると思います。

 ※注意・漢字アレルギーがある人除く

 

「永遠の桃花」を見始めて、

「 花千骨~舞い散る運命、 永遠の誓い~」

 (主演=ウォレス・フォ&チャオ・リーイン)

このドラマとちょっと似ているな・・と思っていたら演出が同じでした。

順位については、主役男性が「永遠の桃花」の方が断然カッコ良いから上。

仕方ありません(そんな理由かーい)。

 

中国のCGについて

 中国のCG、昔は酷かったですが、

「永遠の桃花」はかなり上達していました(おいっ)。

この背景は絵なのか?と思う時も多々ありましたが、

物語に夢中になり、スルーしました。

 

いろいろな神器や天劫[テンゴウ]の雷、

神仙が空を飛ぶ、瞬間移動などは当たり前。

他にも現実離れしたシーンのオンパレード。

どうやって撮影してるのかしら?と興味が湧きました。

ほとんどCGなんでしょうねー。

 

主題歌

神界ラブファンタジーにピッタリの曲で心酔。

素敵な音楽と数々の名シーンには酔いしれます。

この動画はネタバレあり、ご視聴済の方だけどうぞ。

youtu.be

あのシーンもこのシーンも、

ゾクゾクするくらい美しいですねー! 

 

最後に

★6つ、最高に面白かった。

ここまでファンタジーだとは思わず驚きましたが、

面白美しい世界観を観られてラブも満載、良かったです。

若曦[ジャクギ] や琅琊榜[ロウヤボウ]みたいな神ドラマと比べてはいけませんが。

 

華流ドラマは優しさに溢れ、視聴後気持ちが穏やかになります。

華流ドラマは厳罰が容赦なく怖いけど、

全体的に思いやり満ちた脚本が多くて。

こんな面白いドラマを観ると、

華流ドラマもやはりやめられません(*´ω`)

 

※この記事は2019/11/2加筆修正しました 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

 




www.kd-sora.com