韓ドラ そら豆のブログ

視聴済み中国・韓国ドラマのあらすじ 評価(星7つ満点) 感想をなるべくネタバレなしでご紹介しています

🔍サイトマップ(タイトル五十音順)はコチラ

韓国ドラマ 「再婚ゲーム」 感想 Netflix 全8話 コンパクトな復讐メロが面白い

Netflix 日本総合ランキングで連日上位の話題作 離婚経験者が最大のチャンスをつかめる再婚マッチングクラブ  “レックス”

欲望と競争、本能をかきたてるサバイバル再婚ゲームの勝者は?

f:id:kandsoramame:20220724092701j:image

出典 Netflix 公式ポスター

演出  キム・ジョンミン「王女の男」,「朝鮮ガンマン」,「バッドガイズ-悪い奴ら-」,「ウチに住むオトコ」,「不滅の恋人」,「SUITS/スーツ~運命の選択~」,「平日午後3時の恋人たち」,「カンテク~運命の愛~」,「暗行御史:朝鮮秘密捜査団」,「ハッシュ~沈黙注意報~」
脚本  イ・グニョン  SBSの昼メロ脚本家

再婚ゲーム (全8話)

★★★★★☆☆  星5つ

世界配信 7月15日~  Netflix

韓国語表記  블랙의 신부 [ブラックの新婦]

英語表記  Remarriage & Desires [再婚と欲望]

視聴方法  Netflix

 

スポンサーリンク 

 

 

ネタバレなし

あらすじ

夫に裏切られた、塾講師&韓国大学専任教授ソ・ヘスン(キム・ヒソン)は、中学生の娘を一人で育てることに。

そんな彼女を心配した母親が勝手に結婚相談所へ登録 → ヘスンのスマホに「レックスご入会完了」メールがくる。

断ろうとレックスへ行くと、ヘスンをどん底に突き落とした張本人で弁護士のチン・ユヒ(チョン・ユジン)がいて・・・。他人の家庭を壊してすぐに結婚相手を探している彼女にヘスンは怒りがわき上がる。

(2022.そら豆)

 

感想  全8話 コンパクトな復讐メロが面白い

イカゲーム」の再婚バージョンみたいなタイトル(邦題のみ)ですが、内容はメロドラマ。上流階級の婚活話と、庶民の復讐もの 合わせ技 でした (イカゲームは関係なかった)。

そら豆、これは意外とハマり居眠りなしでイッキ見。8話でコンパクトなわりに、キチンと最後は完結する。よくまとまった脚本で面白かったー。 「ペントハウス(★7)」の軽い版みたいな。スピード感ある復讐系、私は好きです!

全8話だから、深いストーリーではないのですが。結婚相談所に復讐をもちこんだため(相談するところを間違えてる)。 復讐=お金持ち男性と結婚できたもの勝ち/みたいな流れ。それだけではないけど、ぶっちゃけそういう話です。

レックス代表チェ・ユソンが言い放つ
「結婚はビジネス」。それを軸にみんなが動く。再婚ゲームというより再婚ビジネスですね。

大人の事情など、マッチングの裏にはいろんな取引がでてきて、薄暗い結婚の背景が描かれます。

女性に人気なのは、再婚希望のエリート男性。その相手がお嬢様ではなく庶民女性なのはがありました。ああー、結婚は愛とかそいうのじゃないのよねーっ・・・て悟った中年以降のです。(注・若者の夢はしっかりと壊す系ドラマなので) 

やられたら怒る→やり返したい→復讐。こういう人間の欲を単純・正直に描いてあるドラマは面白い。そうよ、これが韓ドラよ!と そら豆は一人で喜んでいました。

 

中年ファッション

ポスターで分かりますが。本気になった女性たちのファッションも見どころです。

レックスの婚活パーティで、韓国の最新ドレス姿を見られただけでも目の保養。女優たちはキレイだなーと感嘆しきり。一見ふつうな女性がドレスアップした時の、ギャップがあればあるほどドラマチックに盛り上がりますね。

ただ、主役キム・ヒソンより、なぜか悪役チョン・ユジンのドレスの方がハイセンスでした。

登場するのが中年なので、「サイコだけど大丈夫」「ホテルデルーナ」みたいな美々しいヤングな衣装ではなく、シックな大人ファッションですね。

 

レックスとは?

ドラマにでてくる結婚仲介会社です。再婚相手をさがすセレブ男性ブラック会員が登録していることがウリ。

◎レックスとは?

  • セレブ向け、結婚相談所
  • 入会金でランクわけ、10万~2000万円
  • ブラック会員・・・0.001% の最上流階級

韓国人0.001%を、韓国の人口から計算すると上位800人。その中で未婚のスーパーエリート男性がブラック会員。彼らの新婦になりたい女性がわんさか群がる。

それが韓国原題 「ブラック(会員)の新婦(になりたい)。まあ、超腹黒い弁護士女性が出てくるので、そのブラックもかけてあるかな。これが絶対に出会いたくないヤバイ女!

レックスは上流階級の男女を引き合わせて、韓国経済のパワーバランスも操れる。でも、レックス代表女性の腹の内がなかなか読めない・・・ミステリアス。自分の利益を追求しているのか、誰かの味方なのか。

 

Netflix予告編

今回は女性の復讐もの、キム・ヒソンはいろんな役に挑戦しますね。それを音楽(OST)が盛り上げる。


www.youtube.com 『再婚ゲーム』予告編 - Netflix

 

キャスト

※青が演じた役者で年齢はドラマ公開当時

主要キャスト レックス会員

ソ・ヘスン↙︎(41歳)

結婚15年→夫の裏切り、大学院の研究から塾講師へ、神話学専攻

  • 娘  ミンジ(キム・アソン)・・・中学生
  • 元夫 カン・ナムシク(クォン・ヒョク)・・・ヒョンガングループの常務

キム・ヒソン 年齢44歳、身長168㎝
“おばさん風”を演じても、相変わらずおキレイ。せっかくのドレスに華やかさがなかった、専任とはいえ真面目な教授役だからしかたない。

出演作品 「シンイー信義」,「品位のある彼女」,「ナインルーム」,「アリス」,「明日」,

f:id:kandsoramame:20220724093609j:image

出典 Netflix  公式ポスター

チン・ユヒ↗︎(35歳)

ヒョンガングループの法務チーム長、弁護士

チョン・ユジン 年齢32歳、身長172㎝
悪女が似合いすぎ。ドレス姿で魔性の美貌全開。演技もよかった、今回は悪女役で名を上げましたね。

出演作品 「30だけど17です」,「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」,「ただ愛する仲」,「ロマンスは別冊付録」,「スノードロップ」,

 

イ・ヒョンジュ↙︎(41歳)

大手ゲーム会社ハイブルCEO、離婚歴あり。資産額韓国30位

  • 息子  イ・ジュノ(パク・サンフン)・・・成績優秀な高校生
  • 母親 ノ・ヨサ (キム・ミギョン)
  • 元妻  ホ・ジョンイン(キム・ユンソ)・・・男好き

イ・ヒョヌク 年齢36歳、身長180㎝
イケメンなのかな?役得でだんだん素敵に見えてくる。

出演作品 「先輩、その口紅塗らないで」,「ミセス・コップ2」,「Mine」,「他人は地獄だ」,「ペガサスマーケット」,,「模範刑事」,

f:id:kandsoramame:20220724093620j:image

出典 Netflix  公式ポスター

チャ・ソクジン↗︎(42歳)

スタンフォード大卒、韓国大学の教授(ヘスンの元同僚)、学者

  • 父親  チャ・ヨンファン(チャン・グァン)・・・お金持ち

パク・フン 年齢40歳、身長179㎝
見守り系男子で、こちらもイイ役。

出演作品 「太陽の末裔」,「ヘチ」,「アルハンブラ宮殿の思い出」,「ザ・キング: 永遠の君主」,「サウンドトラック#1」,「ビッグマウス」,「明日」

 

その他のキャスト

チェ・ユソン ↙︎(46歳)(チャ・ジヨン 40歳,172㎝)・・・レックスの代表、敏腕仲介人、チャ・ソクジン父の??

ファン・ソンヒ役(ペク・ジュヒ)・・・レックス社員、ソ・ヘスン担当

キム・ジスン(チャ・ミンジ)・・・レックス社員、チン・ユヒ担当

ソン・ピルヨン議員(ナム・ミョンリュル)・・・大統領選に出馬中

コ・エラン(キム・ソンギョン)・・・ソン・ピルヨンの秘書

チャン・ミジン↓(キム・ソラ)・・・大学教授、ソン議員秘書エランの娘

チェ・ソンジェ↘︎(キム・ヨンフン)・・・ライオンソフト社長、既婚者

f:id:kandsoramame:20220724220033j:image

出典 Netflix公式ポスター、など

 

キャストあれこれ

怪しい役どころに怪し く見える人を設置。 適材適所でしたねー。レックス代表役のミステリアスなチェ・ユソン↖︎について、私は後半もっと深く知りたかったです。今も、彼女が気になってしかたない。

チャン・グァン↗︎、キム・ミギョン↗︎(上記画像)が父母役で登場、ベテランを配置した脇がしっかりしていました。

 

最後に

「再婚は失敗ではなく 勝利への機会、結婚はビジネス」

そこに愛はあるんかー?(ないやろ) 

まあ、ある意味はあります。離婚してお金持ちになりたいがあるならレックスに登録しましょう。レックスで検索♪←(ありません、フィクションです!)

全8話 コンパクトな復讐メロが面白い、とタイトルに書いたとおり。こういう緩急ありサクサク進む短いドラマは、居眠り族にいいです。

「再婚ゲーム」は中年~壮年向きだと思う。40代、50代、60代の方にオススメ。同じ上流階級の話でも、「SKYキャッスル」とは全然ちがいました。

韓国のセレブドラマなら、私は・・・面白かった順
ペントハウス」>「SKYキャッスル」> 「再婚ゲーム」 >「Mine (マイン)」かな🤔

 

参考文献

韓国サイト 黒の花嫁 - ツリーウィキ(namu.wiki)

 

スポンサーリンク

 

 

あわせて読みたい